コートを作る。裏袖のパターン展開と工業用パターン縫い代付け

コートねー。作ってますよ。
つーか、まだパターン仕上げてるとこだけど。。

トワルチェックして、パターン修正、パターンチェックするところまではいいんだけどさー。
そこから仕上げるのが大変っていうか、面倒っていうか。。
あ、言っちゃった。

裏袖ってさー、表地と同じパターンじゃダメなのよね。
見返しとかも。

今回作るコートのデザインは、スタンドカラーでラペルの返りがないから、
見返しの展開はいらないんだけど、
袖はやらなくちゃダメだよなぁ。。

裏地の袖って、袖下の位置を少し上げて作っておかないと、丈足りなくなるの。

この間、衣装でジャケット作った時に、裏地も付けないと形が分からないデザインだったから、
裏付きでトワル組んだのよね。
面倒だから同じパターンで袖付けたら、裏地の袖丈足りなくてつっちゃったの。

こんなに如実につるんだ!!
って、身をもって知ったというわけよ。
だから裏地用にパターン展開します。

表地の縫い代をまたぐ分、丈が足りなくなるの。
あとは、動きの問題で、幅を少し広げておかないといけないのよね。

この展開の結果、袖山のイセが減っちゃうのは大丈夫。
内側だからそんなに袖山のイセはいらないから。

で、飾りのフラップ布とかポケット布とか細かいパーツがまだなんだけど、
なんかもうきりがないからとりあえず引いた分の縫い代つけ。

これがまためんどくさいのよねー。
例えばさ、こういうパーツあるじゃない?
前身頃と前の脇身頃。

これ、ただ縫い代延長してつけるとこうなるよね。

そうするとさ、縫い合わせる時どことどこを合わせればいいのやら、かなり戸惑うでしょ?
生地の端合わせると、出来上がりの位置ずれるし、

かといって出来上がりの位置合わせたら生地の端ずれるし

まぁ、生地の端ずれても出来上がりの位置合ってれば問題ないけど、そうするとさ、出来上がりの位置を生地に印付けなくちゃいけないじゃない?
いちいちそんなことやってられないよね。
だから縫い代の付け方工夫します。

まずね、先に縫う方(この場合はアームホールと袖を縫い合わせるより先にハギを縫い合わせる訳だから、ハギのライン)
を延長しておく。

そしたら縫い代ひいて

アームホール側の縫い代も書きます。

この時の注意点は、ハギの出来上がり線を延長した印のところまで線をひくこと。

印から先は直角に。

こうしておくと、直角同士を合わせると同時に出来上がりの位置も合うのよ。

紙が透けてなくてわかりにくい?
カットしたよ。

直角同士を合わせると、出来上がりの位置も合ってる。

こんな風に、角度がついてるパーツ同士は縫い合わせる時手間かかるから、パターンの段階で作業しやすく準備しておくの。
これを工業用パターン、とかっていうけど、普段の洋裁でも十分出来ると思うし便利だよ。

これをね、全パーツチェックしてカットするってわけなのよ。。
今回コートでパターンが20枚以上あるからさー。
とりあえずカットまでで今日は終了。

次回裁断しまーす。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする