ツイストヘアバンドの作り方

関係ないんだけどこの間、娘が学校で配られたプリント出してきた。

「手芸クラブのお知らせ」

保護者達による趣味の活動らしい。。

初心者ぶって行ってみようかな、

などと性格悪い考えが頭をよぎったけど、面倒なのでやめました。

さておき。

今日はそんな影響があったかどうかは知らないけど、ヘアバンドの作り方。

どう?一気に趣味っぽいでしょ?

でもねーこれ、実は仕事で製作していたりする。。

作り方なんてものはもはや、どこのサイトでものってるし別に差し支えないだろー、と思いご紹介。

こういう、ねじれた感じのヘアバンド、あんまり作り方載ってないよね。

あ、、この生地?

やっぱ気になる?

実はここのブログで作り方紹介しようと思ったんだけど、さすがに仕事で依頼されてるやつを作りながらは撮れないなー、って思って、でもシーチングってのも味気ないし、何か適当な生地ないかな?って探してみたんだけど、ウチ、ヘンテコな生地しかなくって。。

これが一番まともな生地だったの。許して。

形わかりにくい?

こういうの

まずはサイズ(パターン)からね。

サイズは自由なのでお好きなサイズで結構でーす。

って書いちゃうと身も蓋もないので、一応目安までに。

この目安、結構ボリュームあるので、ベーシックな大きさが好きな人は幅の26cm→16cm位でもいいかも。

地の目の方向も、縦横どっちでも都合のいい方で大丈夫ー。

今回は生地がストレッチだったので、縫うとき伸びるの嫌だったのでこういう地の目にしました。

裁断した

メインのパーツ(大きい方)を中表にして縫います。

もう一枚も同様に

そしたら縫い代を割ってアイロン

ポイントは、両サイドのわの所をプレスしないように。

なぜならこれから表に返して形をつくるから。

アイロンできたら

表に返します。

返したら、形を整えて今度は両サイドもしっかりプレスします。もう一枚も同様に。

そしたらこの2枚をツイストさせます。

まず1枚を画像のように折り、

もう1枚を画像のようにくぐらせ

折ります。

横に引っ張るとほら。

え?柄が邪魔でよく分からないって!?

だよね〜〜。。

図でどうそ。

えーー!?もっと分かんない?!

もうワタシのキャパ一杯なので、分からない人は別のサイト探してください。

で、つぎ!

両サイドを、4cm位になるように蛇腹(じゃばら)にたたみます。

たたんだら、ほどけないように粗ミシンで仮止め。

そしたら一旦保留です。

次。

平ゴムを通す部分作るね。(小さいパーツの方)

さっきと同様に中縫いするんだけど、ちょっとちがうのは、両サイドをあらかじめ仕上げて折っておきます。

このように折ってアイロン。

その後2つに折って

ミシンで縫います。

縫い代を割ってアイロンし、表に返します。

こういう細いものを表に返すときに役立つ道具。

やっぱ名前知らないんだけど、表に返し棒。

先がこんな風に釣り針みたくなっていて

返しみたいのも付いてるので、生地を引っ掛けたら外れにくくなる。べんり。

一旦通して

フックに引っ掛ける

あとは引っ張って〜。

そしたらこれに平ゴム通します。

そしたら保留中のヘアバン本体登場。

蛇腹部分の裏側にゴムを縫い付けます。

1.5cm位重ねて

中間を縫う

ちょっと曲がってる〜、とか言わないっ!!

両サイドとも縫ってね。

はい、さいご。

縫い代やゴム端などを隠すように生地をかぶせ、

コバステッチ

お分かりだと思うけど、ここ、中縫いしないので一発勝負っていうか。

裏側外さないように縫わなくちゃいけないの。

なので、もし

「え〜〜。難易度高くて無理ですっ!!」

っていうひとは、最後手でまつり縫いとかでも大丈夫。時間かかるけど、確実だもんね。

ワタシみたいに「明日までにこれ30個」ってワケじゃないもんね。。

手でゆっくり確実に縫っちゃって。

あと、「ミシンで頑張ります!!」っていう人も、縫ってみたら生地厚すぎて糸すくわないかも。針が下糸すくわなくて縫えない、ってやつね。

そういう時は、押さえ金のテンション強くして、針を14番とかの太い針に変えてみてください。

それでも、「家庭用ミシンでは無理な域ですっ!隊長!」

って時は、やっぱ手まつりで。。

お願いしま〜〜す。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. yousaisyumi より:

    ゆか先生こんばんは、これ作ってみたいです。ふつうのしか作ったことがないので、ぜひやってみたいですそれと前回お騒がせしました、パイピングの件ですが、ほんとにらめっこしてたら、わかりました、生地とパイピングの距離が0.3ですので、あす、方押さえ買ってきます、普通の押さえだと、見えませんものね。ありがとうございました、またいろいろな縫い方おしえてください。ブログ楽しみにしています

  2. yuca より:

    yousaishumiさま
    こんばんは!
    メッセージありがとうございます。
    パイピング、上手く行きそうで良かったです。
    慌てずゆっくり頑張って下さいね!

    ヘアバンドは、もしかするとサイズが少し大きいかもしれないので、その場合はパターンはそのままでゴムの長さを短くして下さい。
    ミシンで縫う前に、ゴムの両端ををピンで止めた状態で、頭に付けて試してみると良いです。
    是非作ってみて下さい☆

  3. yousaisyumi より:

    はい、私頭も中身が少ないのか,頭囲が小さいのです、おっしゃる通り、ゴムを当てながら頑張ってみます。うれしいー。

  4. こう より:

    ループ返しね!

  5. yuca より:

    こうさま
    ループ返し!!
    失礼しましたーーm(_ _)m

  6. 吉田 より:

    これいいですね!リバティプリントが余ってもったいないな~と思っていましたので早速作ります。

  7. yuca より:

    吉田さま
    こんばんは。コメントありがとうございます!
    簡単なので是非作ってみて下さい。
    ところで以前コメント頂いていた吉田さまでしょうか?
    裏地付きパンツの縫い方もアップしましたのでお時間ある時にご覧ください〜〜。

  8. siok より:

    着けてるところも見てみたいです‼︎

  9. ERI より:

    かなり前の記事にコメントすいません

  10. yuca より:

    Siokさま
    コメントありがとうございます。
    では今度アップしますね。笑

  11. yuca より:

    ERIさま
    コメントありがとうございます。
    いつの記事でもまたコメント下さい☆

  12. ERI より:

    コメント途中で切れてました・・。
    すごく丁寧に作り方を載せてくださってるおかげで
    不器用な私も2つ作れました。
    友達にもすごく評判がよくて
    こんなんほしかった!作ってほしい!と言われました。
    yuca先生ありがとうございました!!

  13. yuca より:

    ERIさま
    喜んで頂けて良かったです!
    こういう手軽な小物記事も、また更新していきますね!
    また宜しくお願い致します。

  14. etsu より:

    こんにちは。ヘアーバンドを作りたくて作り方を探していたらここにたどり着きました。手芸は最近やっていないのですが、楽しそうなプロフェッショナルなサイトで、明るいトークに和みました。小さなはぎれでも出来そうなので頑張って作ってみます!!
    yuca先生ありがとうございます。

  15. yuca より:

    Ethuさま
    こんにちは!初めまして。
    この記事は長くなってしまったのですが、見た目よりも簡単に作れますので是非挑戦してみて下さい。
    最近はあまり更新出来ていないのですが、どうぞまた宜しくお願い致します!

  16. はじめまして😊
    ママリ編集部の木田と申します!

    ママリは月間500万UUを抱える出産、子育てメディアです。

    こちらの記事を拝見させていただきました^ ^
    ママリのを紹介する記事にて、こちらにアップされている写真と作り方を掲載したいのですがいかがでしょうか?

    掲載を許可していただける場合は、当サイトからブログ記事へリンクを貼らせていただきます😄

    突然のメッセージ失礼しました。
    何かお聞きしたいことがございましたら、気軽にご連絡ください!
    返事お待ちしております。

    ママリ編集部 木田

  17. yuca より:

    ママリ編集部 木田さま
    こんにちは!メッセージありがとうございます。
    お手数をおかけして申し訳ないのですが、一度お問い合わせフォームにてご連絡頂けますでしょうか。
    (メニューの中に「お問い合わせ」があります。)
    分からないようでしたら、
    komineco@gmail.com
    までお願い致します。
    お急ぎの所申し訳ございませんが、どうぞよろしくお願い致します。