裏地付き見返し始末のスカートの縫い方(コンシールファスナー)

今回はね〜、内容盛りだくさんでタイトルが分かんなくなっちゃって。

本当は、見返し始末のスカートの縫い方(裏地付き)やりたかったの。

こういうやつ。

IMG_1191

IMG_1192

え?!生地の柄!?

まぁそこはスルーしてよ。ないの。適度な生地。。

衿ぐり部分でもいいんだけどさ、ファスナーと見返しの所っていつもまつったりとかじゃない?

そうじゃなくてもさ、なんかどう縫って仕上げればいいのか分からなくない??

中縫いして綺麗に仕上げたいよね。

という訳で始めてみたら、コンシールファスナーの縫い方にハマってしまった。。。

以前にも記事にしたけど。(基本的な縫い方)(今回と似てる縫い方

まぁワタシも日に日に勉強してるというか、いろんな人に聞いてみたりとか。

そもそもやり方色々あるしね。

コンシール初めてトライする人は、以前の記事でまずやってみてください。

少し慣れてきて更なるクオリティーを求める人は、今日のやり方を参考にしてみてー。

ひとまずパターン説明から。

前身頃

IMG_1062

後ろ身頃

IMG_1063

裏後ろ身頃

IMG_1064

裏前身頃

IMG_1065

ウエスト見返し(脇の縫い代1cmで切っちゃってるけど、1.5cm付けてください)

IMG_1066

裁断

IMG_1067

下準備その1:芯貼り

IMG_1068

パターン乗せて形を整え

IMG_1069

裁断した芯を重ね

IMG_1070

当て布してアイロン。クッキングシートは芯のノリがベタベタつかなくてよい。

IMG_1071

下準備その2:裾アイロン

フレアってウネウネしてくるよね。

IMG_1073

以前にも書いたけど、こんなふうにアイロンして。(過去記事こちら

IMG_1074 IMG_1075

では本縫い。

いきなりコンシールファスナー付けからなの。。

で、このコンシールファスナーというヤツ。

一般的なレクチャーだと、コンシールファスナー押さえ使ってムシを起こしながら縫います。終わり。って感じじゃない?

でもさぁ。。

何枚か縫ってると色んな疑問が。。

まず、伸び止めは貼るのか問題。

そして、止まり位置でいつも歪む問題。

更にムシが微妙に見えちゃう問題。。

あとデザインによってはハギの位置が左右でズレる問題。

とまぁ、悩み疑問は尽きないわけです。

練習が一番なのは分かるけど、もうちょっとこう、何かコツはないものか、と。

で、色んなやり方ミックスした方法を今回教えます。

まずはこちらの画像をご覧になって。

一見綺麗に付いてるように見えるけど、

IMG_1119

じつは、ぎゅーっと生地を左右に引っ張ってみると、、。

IMG_1058

分かります?左右の違い。

IMG_1056 IMG_1057

これだとう〜〜ん。ってテンション落ちる訳ですよ。

縫い目の違い。

イマイチの方↓

IMG_1059

良い方↓

IMG_1060

良い方はムシを起こしたキワの所を縫えてるの、分かる?

向かって左が良い方。右がイマイチの方。↓

IMG_1061

全てを押さえがね任せにしちゃうと、こういう事がおきたりします。

そして次に伸び止め問題。

これはね、貼る派と貼らない派が。要はどっちでもいいんだと思う。

なので今日は違いを見る為に片方だけに貼りました。

薄手の芯を縦地で1.5cm幅に裁断。縫い目に乗るように生地端から2ミリずらしてます。

縫い代は1.5cmね。

ロックかけたら縫っていきます。

IMG_1077

まずは止まり以下を縫う。今回は粗ミシンしません。

IMG_1079 IMG_1080

止まり以下だけ、割りアイロン。

IMG_1081

補足。

アタリが出やすい生地は、縫い代やロックの縫い目にアイロンを当てないように、

縫い目だけに先をあてたり、アイロン台のヘリを使うといいよ。

IMG_1082

で、この方の登場。コンシールファスナー様。この際色については触れないで。笑

通常はこんな状態。

IMG_1083

で、人によっては縫う前にムシのまるまりを起こすアイロンかけたりします。

IMG_1084 IMG_1085 IMG_1086

アイロンのキワを使って、ぐいっと起こす感じ。(あまり長いこと当てるとファスナー溶けます)

するとね、ファスナーの形がこのように変化します。

IMG_1088

この後、コンシール押さえ使って縫っていくんだけどさ。

だけどさ〜〜、、、。

ワタシ、このやり方ではまだ上手く縫えない。一定に縫えない。

成功したり失敗したりマチマチなの。

という事で、色々参考にした方法。どうぞ。↓

まず付ける向きの確認。

IMG_1089 IMG_1090

上は、縫い代の1cmプラス5〜8ミリ位。生地の厚みとかスプリングホックの有無とかの都合上です。

IMG_1091

コンシールの幅って片側1cm。今回の縫い代1.5cm

なので、ロックの縫い目を目安に縫い付けていきます。

はい。ポイント1。まずはしつけミシンをかける。

片押さえを使ってムシは丸まったままの状態で一度縫います。

注意点は、生地端5mmを均等に守る事。

IMG_1092

ムシ縫わないようにね。キワを縫って。

IMG_1094

縫えました。

ピン止まってるところがファスナー止まり位置。コツは5ミリ幅キープしてきたと思うんだけど、止まり辺りは3〜4ミリ位で少なめにすると後々縫いやすい。

ファスナー止まり位置までピッタリ縫います。

IMG_1095 IMG_1096

逆サイド縫います。

はい。ポイント2。画像のように、止まり位置から1目手前から縫い始めます。

何故かというと、この後スライダーを全開にする時の為。この1目の隙間がある事でスライダーが下まで下ろせるから。

IMG_1098

特にピン打たなくてもできそう。

IMG_1097

スライダー邪魔になってきたら下ろして避けて最後縫ってね。

IMG_1099

IMG_1100

さっき開けた1目の隙間からスライダー差し込んで、

IMG_1101

下ろす

IMG_1102

下げられるだけ下げた方がよい

IMG_1103

ポイント3。ここでムシ起こしアイロン!

IMG_1104

左右とも

IMG_1105

コンシール押さえに変えて、あとは通常通りに縫います。

IMG_1106

ちょっと指でムシ起こしアシスト。

ファスナーを押さえに添わせる為にやや右に寄せながら縫う。仮ですでに縫い付いているのでファスナーがズレる心配がないのだ!

IMG_1107

縫い終わったとこ。

本当は、隙間もできずに一直線上に仕上がるのが理想〜。なんだけどこのように1〜2目位手前でもまぁよし。

ダメなのは、止まり位置をオーバーしちゃうこと。

これやっちゃうとつっちゃう原因になるから。

それやる位なら、生地の厚みもあることだし、ちょっと隙間ができててもオッケー。

IMG_1108

逆側も同様に縫ったら、スライダー引っ張って引き上げます。

IMG_1109

やだーー!みて〜〜。左右に引っ張ってもピッタリ!開かない!

IMG_1111

しかも身頃の高さも合ってる!

IMG_1112

最初に縫った仮止めミシンの縫い目。

裏地を付ける場合は邪魔になるので取っておきます。

IMG_1113

止まりの金具を上げて、

IMG_1114

スライダー使って止まり位置まで下げる

IMG_1115

ここで金具を固定しちゃうと縫い止まりがほつれやすくなるので、

IMG_1116

ちょびっとだけ上げてから金具を締めて止めてね。

IMG_1117

いやーーーー。どう?盛りだくさんでしょ?

これまだ半分位だから!

表地にファスナー付けたら、スカートの形作っちゃいます。

裏地作り。後ろ中心をキセ入れて縫う。

脇もキセ入れて縫う。

IMG_1127

アイロン。

IMG_1128

裾の縫い代部分、厚くなるようなら縫い代カット。

IMG_1129

3つ折りして仕上げておきます。

IMG_1131

見返し。脇縫い。

IMG_1132

割ってアイロン

IMG_1133

見返しと裏身頃を縫い合わせ。

IMG_1134

中表に重ね、

IMG_1135

脇部分。身頃は方倒し、

IMG_1136

IMG_1137

生地の両端、脇、前中心をまず止めて、

IMG_1141

合印を合わせて止める

IMG_1139

パターンでいうとココ。

IMG_1140 IMG_1142

縫います。

IMG_1143

縫い終わったらチェック。

ここズレちゃってたら、この後どんなに頑張っても左右で縫い目合わないから。

IMG_1145

裏身頃と表身頃を出来上がりに重ねます。

IMG_1148

出来上がりを見て、

IMG_1149

どこを縫うか分かったらそこをつまんだまま、

IMG_1150

縫いやすい状態にひっくり返します。

IMG_1151

生地の上端を合わせてファスナー帯を裏身頃に止めます。

IMG_1152

ハギの所に印入れると良い。(消えるペンがオススメ)

IMG_1154

反対側の帯にも同じ位置に印付け

IMG_1155

ハギの縫い代は割った方が薄くなるのでここだけ部分的に割る。

んだけど、今回試しに片方を割ってもう片方は方倒しのままにしてみた。

IMG_1157

ファスナーの止め位置だけどね、以前の記事(裏付きコンシールファスナーの縫い方)を参照して。

画像のように、縫う所がムシと生地端の中央になるようにしたいので(★=8mm)

生地の見え幅は6mm。

IMG_1153

IMG_1158

あとは、以前の記事と同様。

止まりより1cm長く縫って針を刺したままミシンを一旦止め、切り込み入れます。

IMG_1159

生地を回転させてファスナーの底を縫います。

IMG_1160

反対側にも切り込み。

IMG_1161

回転させて

IMG_1162

もう一方のファスナー帯端も縫います。

ハギ位置と印合わせてね。

IMG_1163 IMG_1164

やだ〜〜!一回でできた!

IMG_1165

うまくいったので、さいご。

ウエスト周り縫い。今日の本題!

IMG_1166

一旦中表にし、

IMG_1167

縫うんだけど、、。

中心から合わせようとすると脇の縫い目ずれるから。

IMG_1169

脇線の位置から合わせていってね。

IMG_1170

そうすっと、ファスナーの部分が

IMG_1171

ムシを境にたためるから

IMG_1172

これを、

IMG_1174

こうね。表身頃をかぶせる感じ。

IMG_1175

このまま縫います。

この時のコツはねー、縫い代幅を0.9 、生地(厚手)によっては0.8とか。

なんでかというと、仕上げる時に縫い代の厚みがあるから。思ったよりも生地をもっていかれるというか。。まぁそんな感じ。

IMG_1176

IMG_1177

反対側も同様にたたみ、

IMG_1178

縫う。

IMG_1179

チェック!

ここ、縫い代幅同じにしないと、今までの色々が台無しになるから気をつけてー。

ファスナー上げた時に左右で高さ変わっちゃうからさ。

IMG_1180

見返し側の縫い代だけ折ってアイロン

IMG_1189

角の部分はね、

IMG_1181

表地の縫い代で包むようにこうたたんで、

IMG_1182

更にぎゅうぎゅうにつぶす!

IMG_1183

あとは、「綺麗に返りますように!」と唱えて返す。

IMG_1184

返りました。

IMG_1185

不十分な所は目打ちで。

IMG_1186

IMG_1188

ちなみにね、角出しに関しては目打ちの威力ってそんなにないから。

縫い代をどれだけ綺麗にたたんでつぶして返すか次第なのである。これできてないと、あとからどんなに目打ちで引っ張り出しても限界があるし、勢い余って「ボソッ!」ってほつれて、やっぱ残念なことに。。涙

ほんとだよ。

縫い目を控えながらアイロンで形を整え、

IMG_1190

完成じゃ!

IMG_1191

いや、まだじゃ!

中綴じ。

IMG_1200 IMG_1201 IMG_1202

ファスナーのとこもねー、

IMG_1193

ここ、ペロンとめくれるといやなので、

IMG_1194

ファスナー帯と縫い代を止めます。

(今回長いファスナーしかなくて、カットしたら短くしすぎちゃったの。本当はもう少し長いです)

IMG_1195

反対側も縫い代同士止めて中綴じ。

IMG_1197

こんなふうに封印するべし。

IMG_1198

これで完成じゃ!

ふ〜〜。

。。

ところで、みなさん、覚えてます?

冒頭のコンシールファスナーつけの際、

「伸び止めは貼るのか貼らないのか問題」左右で変えたやつ。

あと、ファスナー付ける時の「ハギ部分の縫い代・割りorそのまま片倒し?」実験。(てほどでもない。。)

まず伸び止め結果、発表です。

IMG_1203

ちょーーっと盛り上がってるね。縫い目に2ミリ乗せた事もあって、触った感じは少し手応えを感じる。

今回の生地がかためなのもあって、貼っていない方がしなやかで綺麗でした。しかもこの生地は歪みにくいし強めなので伸び止めは不要だと思われる。

かといって、サテンとか弱い生地なら貼るのか?2ミリ乗せずに縫い代内に貼るのはどうか?などの疑問もあるんだけど、

そもそもステッチを入れないファスナーなので、伸び止め不要、という「貼らない派」の意見。

でも縫いやすくなるし歪みにくくなるし、貼った方が安心という気もする。。あ、ワタシです。

1つ言えるのは、貼るとしたらごくごく薄い芯をカットして使用した方がいい、って事かな〜〜。

ちなみに、2ミリ出さずに縫い代内に貼るというのは、伸び止めとしても歪み防止としてもあまり意味ないような気もします。(って、過去記事では貼ってるんだけど。。)

縫い代・割り?片倒し?の件。

IMG_1204

見た目は然程変わらず。でも触ると顕著です。

縫う時の縫いやすさ縫いにくさは特に感じなかった。今回みたいに裏地でファスナーの帯部分に縫い付けるだけなら、片倒しちゃってもまぁ、いっかな、という範囲。

ただし、表のハギとなると話は別で、こんな厚みであんなムシのキワキワ縫えません。

縫えたとしてもそこだけ「イマイチ」な出来になるのは簡単に想像がつくので絶対割った方がよい。

以上です!編集長!(古い?あ、分かんない?)

今回もまた長い記事を読んで頂きありがとうございました!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. mutsu より:

    こんばんは~!待ってました!裏地付きのコンシールファスナーの縫い方。以前の記事も充実していましたが今回は更に勉強になることばかり。そして先生が挙げた失敗例の数々を私はすべて経験済みという・・・。でも原因が分からず悶々としていたので、なんだか自分で成功例を縫ったかのようなすがすがしい気分になりまた(^_^)いつも手まつりでなんだか気分が上がりませんでしたがこの方法でトライしてみたいです。いつも本当に目から鱗なことばかりです。失敗しては、もう縫うのやめようかなと思ってましたが、又チャレンジできそうです。いつもありがとうございます。

  2. yuca より:

    mutsuさま
    こんばんは!コメントありがとうございます☆
    ですよねーー。
    これ、ちょっとしたコンシールあるあるだと思います。笑
    ファスナー付けは、この方法だとちょっと手間がかかるのですが(4回縫うし。。)
    かなり成功率高いと思います。なにせ、私でも上手くいきましたから。
    特に見返しの中縫いはそんなに難しくないですが、一気にクオリティーが上がるのでオススメです。
    まずは扱いやすい生地でモチベーションを上げ、「できるじゃん!自分!」と思う事も大事です。笑
    また色々アップしますね。
    今回の記事も少し加筆しましたのでまたお時間ある時に読んでみてください(^^)
    これからも宜しくお願い致します☆

  3. ザネリ より:

    初めまして。長年の胸のつかえが取れた気がします。やってみます!
    で、もう1つお願いしたいのですが、よろしいでしょうか?
    ウエストから下の部分だけに裏地を付けたいのです。つまりワンピースのスカートの部分に裏地を付ける場合ファスナーはどのようにしたら良いでしょうか?身頃とスカートを縫い付けていざファスナーとなると裏地は予め切り込みを入れておくのか、どうなの?といつも悶々としてしまいます。ここは手まつり以外考えられないのです。どこを探してもその縫い方は載ってないんです。
    宜しくお願いします。お手すきの時で結構です。

  4. yuca より:

    ザネリさま
    こんにちは😃コメントありがとうございます。
    記事が参考になってよかったです。

    ご質問ですが、デザイン(スカートにはギャザーやタックがあるのか、何も入らないフレアか、など)、使用する生地、
    ロックミシンはお持ちかどうか、を教えて頂きたいです。
    仕様は生地やデザインによって様々なんです。
    出来る範囲で詳細を宜しくお願いします。

  5. ザネリ より:

    ありがとうございます。ロックミシンは持っています。ギャザースカートにしています。夏物は特にスカート部分だけでも裏地を付けたいと奮闘しています。

  6. yuca より:

    ザネリさま
    ご質問についですが、画像を交えて説明したいので、1度「お問い合わせ」フォームからメッセージ頂けますか?
    携帯からご覧の場合は右上をタップするとメニューが出てきます。
    お問い合わせフォームに関しては、同じメニューの中の「はじめに」のページに詳細がありますのでご覧ください。
    宜しくお願いします。

  7. もぐもぐ より:

    yucaさま
    お久しぶりです。裏つきノースリーブワンピースで質問しましたもぐもぐです。その節は大変お世話になりました。あれから子供のノースリーブワンピースを3着ほど縫いました。裏地も付けることができてとても満足しています。
    今は自分のコンシールファスナーつきワンピースを作っているのですが、見事にこの記事の失敗例のようになってしまいました…左側が、ムシから離れている箇所がちらほら…これは、つけ直し可能でしょうか?つけ直すと更に汚くなることを懸念しています。

  8. yuca より:

    もぐもぐさま
    こんにちは😃コメントありがとうございます。
    えーー!もう3着も縫ったんですかっ!すごーー。
    アドバイスがお役に立って良かったです。

    縫い直しの件ですが、まだ制作途中で使用している表地がほつれやすい生地でなければ、縫い直し出来ると思います。
    完成していたとしても、丁寧にほどいてアイロンで生地を戻せば大丈夫だと思いますけどね〜。
    弱くてほつれやすい生地の場合は、ほどく時のダメージもあるのでそれが心配です。

    残布があればそれで1度練習してみるのもオススメです。

  9. もぐもぐ より:

    yucaさま
    ありがとうございます。最初の縫い目はそのままにして、左側はもう少しムシ寄りになるよう縫いました。記事の写真ほどではないですが、引っ張ってもほとんどファスナーが分からなくなったので良かったです。このやり方、邪道ですかね…本当は最初の物をほどいてやり直したほうが良かったのでしょうか?

  10. yuca より:

    もぐもぐさま
    縫い直し、上手くいって良かったです☺︎
    ファスナーの付け位置がズレていなくて縫い目だけの問題なら、今回のようなやり方で大丈夫です。
    そもそもの付け位置が歪んでしまっている場合は、全部ほどかないと直らないので、その場合は全部直した方が上手くいくと思いますよ☺︎

  11. もぐもぐ より:

    yucaさま
    ありがとうございます。今回ローン生地で若干つれた感じがしますが…これで進もうと思います。恐らくムシ起こしのアイロンをせず、手でぐいぐいムシと布を引っ張りながら付けたせいだなーと思います。コンシールファスナー難しいですね…。

  12. yuca より:

    もぐもぐさま
    ムシを起こすアイロン、割と重要ポイントで、
    同業者は結構みんなやっているんです。
    ちょっと手間ですが、次回は是非取り入れてみてください☺︎