袖下マチの縫い方②

では裁断。

しつこいけど、通常はパワーネットなどの伸縮のある生地がオススメ。効果倍増。

で、これが袖。外袖側。

で、内袖側

で、マチ布登場。

袖下に縫い付けていきます。

ここで注意〜〜。

縫い始めと縫い終わりは1cmあける。つまり、出来上がり位置から出来上がり位置までを縫うということ。

ここ。

残りもピンで止めたら縫います。

縫えた。

縫い始め位置。

縫い終わり位置

そしたらこの袖を、身頃の袖ぐりと縫い合わせまっすー。

肩と袖山止めてー、

ここ。マチとハギのところ。

ここの合印重要!最重要!

ないとパニクる。

この青で書いた合印までは身頃と袖、合印からは身頃とマチを縫い合わせるの。

止めるとこんな感じ。

後は、袖縫いの要領で縫えばほら。出来上がり。

ふ〜〜。

袖と身頃の間にマチ布が付く事で距離ができるから、

その分腕が上がりやすくなるというわけよ。

伸縮があった方がより上がりやすいし、バイアス裁断することにより伸び効果アップ!

まぁ、普段私達が身にまとうアイテムではまず、見かけないけど

衣装では結構取り入れられてる〜。

けど、こういう説明ってあんまり本に載ってないので

アップしましたーー。

おつかれさまっしたっ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする