パンツの股ぐり・折り伏せ縫いの縫い方

きょうはねー、「折り伏せ縫い」の縫い方。

パンツやシャツとかで見られる縫い代始末の1つです。

こういうの。

生地端が見えないように、包んで始末するんだよね。

img_9340

厳密には、左右の縫い代幅を変えてずらして縫ったりするんだけど

そういうの面倒でしょ?

なので、縫い代カットして仕上げる方法です。

まず生地準備。

img_9323

中表に重ねて、

img_9324

1.5cmの縫い代幅で縫います。

img_9325

倒す方の縫い代だけを半分〜5ミリにカット。

img_9327

画像のように包んでアイロン

img_9328

ポイントは、縫い目から生地の折り端までの幅を揃えること。

img_9329

そしたら上の生地だけ起こして

img_9330 img_9331

片倒し

img_9333

アイロン後、ピンで留めます

img_9372

裏側

img_9335

ステッチは表から

img_9374

できあがり

img_9370

裏側

img_9338

ふー。

いや、ふーじゃなくて。

こんな事くらい別にどこのサイトでも載ってるよッ!

今更!って感じ。

そうじゃなくてさ、ここ。

パンツとかでよく見る、後ろの股ぐり部分!

こういうカーブしてる所の折り伏せ方法!知りたいんですけどっ!

どこ探しても見つからなかった。

ので記事にします。

img_9339

部分縫いだけど、やり方書くね。

パターン。

股ぐりの縫い代は1.5cm。

でもオリエちゃんに聞いたらココ、縫い代2cm付いてることもあるんだってー。

img_9287

こういう始末になってるパンツって大体カジュアルなパンツでGパンが多い。

で、そういうアイテムのパターンって股ぐりのラインが緩やかになってる。

以前記事で書いたけど、スラックス系とGパン系って股ぐりのラインが全然違うの。

なので割と折り伏せしやすいけど、だからといって直線と同じ、ってワケにはいかないのよね。。

何故ならば、カーブしてるので、外側の距離と内側の距離が変わるから。

赤いラインは縫い代の生地端、青いラインはステッチ入るライン。↓

%e3%83%91%e3%82%bf%e3%83%bc%e3%83%b3_%e7%b7%9a%e8%bf%bd%e5%8a%a0

何も考えずに包んじゃうとさー、距離足りなくってこんな風に突っ張っちゃう。

img_9315

だからねー、アイロンでくせとりします。

まずは縫い代幅通りに縫います。

img_9290

でね、これ。

股ぐりのカーブの部分てバイアス気味になってるから、

img_9290

バイアスって事は生地に伸縮性があるから伸びます。

それを利用し、くせとりアイロン。

ここの股ぐり部分を

img_9291

エイっと

img_9305

生地端を逆カーブ気味にしてアイロンします。

注意点は、縫った所まで伸ばさないように。縫い代にアイロン当てます。

img_9306

そしたらほら。

こんなふうに生地端だけ伸びるから。

img_9293

ここで縫い代カット。

先程(直線バージョン)と同様、片倒す方の縫い代だけをカット。

半分の7ミリ幅にカットしたり、5ミリ幅にカットしたり、生地によって変えます。

今回は厚手なので5ミリにカット。

img_9298

img_9299

包んでアイロン。

入れるステッチの幅によるけど、6ミリ幅ステッチ入れる時は7〜8ミリ幅に折るといいかな。生地の厚み次第。

img_9311

片倒してアイロン。

img_9314

形を整えてピンで留め、ステッチ入れます。

img_9373

入れるんだけどねー、また疑問発生。

こういう股ぐりのカーブのとこってさー、どうやって縫ってんの?って感じじゃない?

コツ教えてよ〜〜、って思うよね。ワタシは思った。

普通にしてるとこういうカーブになってる所を、

img_9375

直線気味にして生地を起こし気味で縫う。

img_9376

横から見たとこ。

img_9377

縫えました。

img_9321

気になる裏側。

img_9322

でね、ちなみになんだけど、生地によってパターンによってはここの股ぐり、クセとりのアイロンだけでは不十分!な場合もあり、

そんな時は見えない範囲でそっと切り込み入れたりもするんだってさ。

img_9303

img_9304

まぁ、そんなに頻繁にはやらないらしいけどね。

ってコトで本日終了、なのですが。

「前の股ぐりも折り伏せたいですっ!」って思う?

まぁね。既製品のようで憧れだよね。でもね、悪い事は言わない。我々素人はここまでにしておいた方がよい。

っていうか本当は、この後ろ股ぐりも別に「ロック片倒し、その後ダブルステッチ」とかでじゅうぶんなの。ほんとに。

工場の人達、パンツ1本1本こんな事してないから。

どうやってるかって?

それはね。

工場の折り伏せ縫い

折り伏せ用のミシンがあるのです。。

まぁでも、こだわって縫いたいんだもん!という気持ちは大切。

なので今回記事にしました。ご参考までに〜〜。

※2016.11.22追記&画像修正済み

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. mutsu より:

    こんばんは~!今回はおり伏せ縫いですね(^_^)私はシャツでしか縫ったことがありませんが、パンツの股ぐりにも使われていたんですね。なるほど。くせ取りするってことも、勉強になりました。工場用ってこんなすごいミシンがあるのですね!どおりでなぜこんなところをこんなにきれいに縫えるのっ?て疑問が解決しました。洋裁本にはこんなテクニックは載ってないので本当に参考になります!!ありがとうございます。

  2. yuca より:

    Mutsuさま
    こんばんは〜〜!コメントありがとうございます。
    シャツの袖ぐりの折り伏せとか、拷問に近いです。。涙
    時々、(本当に時々)じっくり時間をかけて折り伏せ始末してみたりもしますが、私には過酷すぎて年に1度やるかやらないか、です。笑

    既製品は、裏側の縫い目がチェーン状になってますよね。あれはそれ専用の特殊ミシンで、工場によって完備してるのだと思います。

    近々、裏地付きのファスナー開きの記事アップ予定です!また読みに来てくださいね〜〜。

  3. まめ より:

    はじめまして!いつもお勉強させていただいてます☆
    股ぐりの折り伏せうれしいです!
    先日挑戦したら、ぅゔぁぁぁぁーー ー!となり、途方に暮れていました(涙)
    早速このやり方でリベンジしてみたいとおもいます!
    いつもありがとうございます◎

  4. yuca より:

    まめさま
    こんにちは!はじめまして〜〜。
    コメントありがとうございますm(_ _)m
    途方に暮れていたなんて。。涙
    早速お役に立てたようで良かったです!
    私でも案外きちんと縫えたので大丈夫だと思います👌
    ぜひぜひ、リベンジしてみてください。
    またコメントお待ちしてます☺︎

  5. orie より:

    コンニチハ。ステッチかける方向、逆からだね。。。
    地縫いの段差が右で、ステッチ定規使って地縫いから6ミリとかのステッチの方がキレイにできます〜!

  6. yuca より:

    orieちゃん
    コニチハ!
    わーー。確かに!
    何で綺麗に縫えたのか不思議じゃ〜〜。まぐれ?
    しかも直線の方もだね!(涙目)
    写真差し替え&改定しなくては。。
    いつもありがとう〜〜💕
    またびしびし突っ込み入れてください!

  7. のつきみ より:

    はじめまして。一ヶ月ほど前にはじめて拝見し、それからもう、本当にこのブログが無料で公開されていることに感激しています。暇さえあけば読んでます(笑)
    本も買ってしまいました、瀬は低くないですがスタイルよくないので参考になります!
    汚し放題の息子に、自分のスーツをつぶしてパンツを作ることが多いです。
    ロックを持っていなかったのでいつも「キッツイなここ」と思いながら、時に縫いはずしながら(汗)、股の折伏せしていましたが、くせとりというのをするのですね。
    本当にこういうことは、本屋さんの本やサイトに載ってないので、教室とか通ってない私のような者には本当嬉しい内容です。
    いつもありがとうございます、また拝読します。

  8. yuca より:

    のつきみさま
    こんばんは!
    暇さえあれば読んで頂いているなんて、とっても嬉しいお言葉ありがとうございます😊
    そして本も購入頂きありがとうございます!!
    最近全然更新できていなくてすみません🙇‍♀️
    私はパターンが本業なので、ソーイングの記事はいつも色々な人にリサーチしながら、ヒヤヒヤしながら書いています。💦
    私もまだまだ知らない事が沢山あるのですが、お役にたてれば嬉しいです。
    是非またコメントお待ちしています!