最近買った本

先日、色んなソーイングブログを読んでいた時にとあるサイトで紹介されていた本。

「パタンナー金子俊雄の本格メンズ服」

img_0068

見つけた瞬間衝動買いしました。

買って正解!

内容は、シャツ、パンツ、ジャケット、コート、ブルゾン、更にポロシャツ、MA-1、ネクタイ、エプロン、何とトランクスまで!何これ!盛り沢山〜〜!

パンツはドレスパンツ、チノパン、デニムパンツ、スウェットパンツと様々なテイストが載っていて、

シャツもドレスシャツからカジュアルなボタンダウンシャツまで数点。

ジャケットはメインが表紙のウールジャケット、ほかはデニムジャケット、ニットジャケット。

やや厚手の生地でしかもポケットがパッチポケットなので、がっつり本気のテーラーではないけど、この手の本でここまで載ってればじゅうぶん。

そして布帛(ふはく)だけでなくカットソー生地のアイテムも載っているのが珍しいし今っぽい。

作り方の工程が全カラー写真で細かく、アイロン処理の方法(くせとりとか)も詳しく載っていて、勉強になる〜〜。

「こ、これで¥1600でいいの!?」な1冊。

全くの初心者さんにはちょっと本格的すぎるかもしれないけど、

「そろそろ脱初心者したい!ちょっと本格的なものも作ってみたい!」という人にはオススメ。

本格的だけあって、付録のパターンが3枚も!

img_0069

後ろ

img_0071

まだ広げてないけど、S.M.L.LL.3Lの5サイズ展開だからきっと線沢山だろうな〜〜。

写すの根気がいりそうだけど、それだけ内容の濃い1冊!

それと、これはもう絶版なのでなかなか手に入らないので申し訳ないけど

水野佳子さんの「オーダーメイドスカート」

img_0072

前にここのブログのコメントで読者の方から教えてもらった本。

結構探したんだけど見つけられず、図書館にもなくって。

でもこの間、ブックオフのサイト見てたらたまたま見つけて、ほぼ新品だったので即購入。

作品の写真ページはイメージ優先でデザインが分かりにくいんだけど(表紙同様)

中はカラー写真で工程が丁寧に載っていて、ファスナーの裏地部分もミシンで縫う工程が載っており、このブログ記事を書く時も参考になりました。

なんでこんないい本絶版になるのかなぁ。。って思うくらい良い本。

水野佳子さんの本はどれも綺麗で見やすくわかりやすく、特に初心者の人にはオススメです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. mutsu より:

    こんばんは。今年もよろしくお願いします。そして今年も素敵な記事、楽しみにしています。メンズ服って興味があったけど、レディースの服より敷居が高い気がしていました。でもジャケットなんか仕立てがいいとほれぼれします。恐れ多くて手がつけられなかったけど、なにやらこの本は違っていそうですね!息子がいるので(今気がついたけれど旦那のことは頭になかった(^_^;))そのうちメンズの服も作れればって思っていましたが、これいいかもです。厚手のコーデュロイが3M近くあるのでそれで息子パンツを作りたいと思っていました。この本、買っちゃおうかな。
     水野さんの本は何冊か持ってますが、これは廃盤なんですね・・・。残念。カットソーの縫い方や、パンツの基本の縫い方なんかは水野さんの本で勉強しました(^0^)
    でも、一番分かりやすい解説書は、yuca先生のこちらのブログだと思います!!本の出版、願ってまーす!

  2. yuca より:

    mutsuさま
    明けましておめでとうございます🎍
    今年もどうぞよろしくお願い致します!

    このメンズ服の本は本当に本格的で良かったです。
    まだ作っていないのでシルエットまでは分からないのですが、パターンのネットショップ「フルール」の方なので、きっとシルエットも綺麗だと思います。
    幅広いテイストのアイテム満載で、おすすめですよ✌️
    水野さんの本はどれも見やすくて分かりやすいですよね。
    こんなに沢山のノウハウがあるってすごいなぁ。。と改めて思います。
    私も頑張って第2弾!!
    頑張ります!