身引き仕立て

えーーとね、最初に言っておくけど

今日のメイキング講座はすっごくマニアックな内容になってんの。

なので、ソーイングに無関心な人はスルーしちゃって〜。

あと、読んでる途中で

「はぁ〜??この人何いってんの??」

って思った人は、途中で読むの辞めてよし!

それも許されてしまうほど、ちょーーマニアックな内容。

襟とかカフスとかベルト布みたいに、生地が2重でできてるパーツの縫い方ー。

前に、脇ポケットの縫い方アップした時、ポケット口の仕上げ方のコツとか書いてたんだけど、読んだ記憶ある?

忘れた人はコチラ

襟やカフス作る時も、この作業するのよね。

「裏側になる方の縫い代だけを、あらかじめアイロンしてから表に返す」

って行程。

そうすると、縫い目が裏側に控えられて、きれいな見栄えになるの。

「身引き(みひき)」仕立てっていうらしい。

でもさ、襟作る時にこれやってて、「あれ?」って思ったことない?

表に返して仕上げた時、縫ってない側の生地が2ミリくらいずれてるの。

要するに、裏側に縫い目を少々控えて仕上げる分、生地がずれちゃうの。

これを未然に防ぐ方法。今日は書きますー。

例えばカフス。

表カフスと裏カフスを中表にして、回りをぐるっと縫います。

上面(画面で見えてる面)が、服になった時表カフスになる方。

よく見ると、生地が少したるんでるのわかる?

じつは、4隅は生地端合わせてるんだけど

それ以外はわざと生地を2ミリくらいずらして縫ってあるの。

なので、下(縫ってない所)はこんなにずれてる。

あとは、同じように裏カフスの縫い代だけ(生地をずらしてない方)折ってアイロン。

で、表に返して整えアイロン。

このように、縫い目を裏カフス側に控えて仕上げます。

できたところ

さっきずれてた所も、ほらこの通り。

襟もね、同様に2ミリ位ずらして縫ってアイロン

で、表に返すと、ほらこの通り〜。

ぴったんこ。

メンズシャツとかは、縫い目控えず毛抜き合わせで仕上げたりするから、

その場合はこの作業は不要なんだけど。

本とかでもあまり見かけない技術だけど、カフスはともかく

襟は「表えり」と「裏衿」それぞれパターンひくのよね。ほんとは。

生地端きちんと合わせて縫っても綺麗に仕上がるように、裏衿より表えりの外回りを2ミリ程(生地の厚さによる)大きくかいておくの。

ただ、そうするとパターン枚数増えるし、裁断するの手間だし、量産になったら分けわかんなくなるから、

パターンは同じにしておいて、縫う人が、こういったちょっとしたコツで綺麗に仕上げている、というワケ。

って、偉そうに書いてるけど実はこの縫い方、おりえ氏におしえてもらったんだ〜〜。えへ。

2人で作業してる時って、オリエ氏ミシン、ワタシアイロンで流れ作業、って事が多いんだけど、襟とかカフスとかアイロンしてた時

すんごい自然に表に返るし、縫い目が勝手に控えられるから不思議で聞いてみたの。

「おりえちゃん、何か魔法使ってるでしょ。。。」って。

そしたら、このコツ教えてくれた〜。

勝手にアップしちゃって、もしオリエオリジナルの秘技だったらどうしよう??怒っちゃうかな〜。。って思ったけど

オリエちゃんレベルにもなれば、1つくらい技術公開しても平気だろ〜、って思って勝手にアップしちゃった。ごめーーん。

まぁ、ここまで読みきれた人もそんなにいないだろう。。

って事で、終了〜。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. orie より:

    大丈夫っす。
    縫製師はこの技術、通常ですので。

  2. yuca より:

    通常〜~!!
    ひえー。かっこいい。
    縫製師のホントの技は、やはり「手加減」というか手の感覚なのかしら。。
    こればかりは絶対真似出来ない〜。笑