イッテコイ始末の縫い方

とまぁ、そんなワケで

少し仕事も落ち着いたので(いや、落ち着いてないけど。。)

ちょっと気分転換に、

結構前に写真とっておいた分をアップすることにしたー。

通称「イッテコイ始末」

何でイッテコイっていうのかは知らないけど。

多分縫い方が、行って戻ってくるから、みたいな事なんだろうけど。。

こういう後ろの襟ぐり開きとか

画像なかったけど、袖口の開きとかで見かける。

剣ボロ付けるのめんどくさーい、ってときはこの縫い方が簡単でよい。

切込みを入れて、そこをパイピングする方法。

シーチングで試してみまーす。

右の生地は身頃とか、袖とか、そういうのを想定してます。

左はパイピング用の生地。共布でもいいし別布にしてもよい。

地の目は縦地でオッケー。

幅は、仕上げたい縁取り幅の4倍にしときます。

参考にした本には、5ミリ✕4で2cm、ってなってたけど

5ミリのパイピングって結構細いから

今回は7ミリ✕4で28ミリなんだけど、生地の厚さもあるから30ミリ、つまり3cmにカットしましたー。

長さは、行って返ってくるから開き止まりまでの長さの2倍。+縫い代分。

今回は開き止まりまで8cmにしたから16cm。それと縫い代分で18cm。

慣れないうちは長めにしといて、仕上がってからカットしてもいいよ。

んではスタート。

まずパイピングテープを半分に折ってアイロン

そしたら一回ひらいて、折り目に合わせて更に半分に折ってアイロン。

こんなふう。

このアイロンは片側だけね。何故かというと、仕上げの時に役立つの。

まぁ、後ほど分かるわよ。

そしたら身頃というか、切り込み入れる方。

これ

ほつれ防止に捨てミシンかけまーす。捨てミシンとは、生地が1枚の状態でミシンかけること。今回みたいにほつれ予防等の目的でかけます。

そしたら切り込み入れるね。

はい。今回の最大のポイント。

止まりの2〜3ミリ手前まで切り込むこと。

そしたら、エイッて一直線にひらくー。

えいっ!

先程のパイピングテープ登場。

アイロンの折り目がない方を中表で合わせまーす。

この時、途中までは生地端合わせるけど、止まり付近でVの字みたいにずらすの。

今回は分かりやすいように結構Vの字で合わせちゃってるけど、もっと止まり位置直前でずらし始めてもオッケー。

生地端は、ずれてるけど縫う時はパイピング生地の端から7ミリで縫います。

止まり付近の生地がもこもこするよね。

目打ちで少しずつ生地を送って縫うの。

慣れれば大丈夫。

こんな感じ。

そしたら返してアイロンし、ステッチを隠すように包みまーす。ようするに、パイピング始末。

ピンで止めたら

再び一直線にして縫う

コバステッチ。(画像みたく際を縫うこと)

形を整えて

最後。ココ縫います。

三角に〜。

表側。

ちらり

ついでに裏側

ちなみに。

以前ソーイングの講師やってた樋口先生のサイトでは、

このイッテコイの縫い方、初心者向け、洋裁経験者向け、工場向け、の3通り説明載ってた!!すごーー。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. た〜まま より:

    はじめまして。
    袖口 あきの始末 で検索してお邪魔しました。

    凄くわかりやすくて感動です。初めてシャツを縫い、普通のシャツの開きでした。無謀にも袖口にギャザー寄せてふわっとした袖に変えたいと思いましたら、開きはパイピング仕上げかなと。

    薄い生地の縫い方とかも参考になりました。

    また何かにつまずいたらお邪魔させて下さい。

    ほんとにありがとうございました。

  2. yuca より:

    た〜ままさま
    こんにちは!コメントありがとうございます❣️
    参考にして頂けて嬉しいです😃
    これからも宜しくお願い致します!