裏地付きワンピースの縫い方(後ろコンシールファスナーあき)

あーーー。

連日、ジメジメマックスすごくないですか?

さすが梅雨!

こんな季節に喜んでるのなんてカタツムリとシダ植物くらいだよね、ほんとに。

そんな訳で、という訳でもないけど今日はワンピースの縫い方です。

《本日のワンピースの仕様》

ノースリーブ、ノーカラー。ウエストハギあり、後ろコンシールファスナー。

見返しありの裏地付き。裾ふらし。衿ぐりに裏コバ。

まずは表地パターンどうぞ。↓

例えば裏無しのパターンを持っている場合は、このように見返し線とか裏スカートの裾線記入して、裏パーツのパターン作れるよ。↓

見返しの形に特に決まりはないの。

ただ、あまり急なカーブにしちゃうと後で涙が出ちゃう事態になるので(縫いにくくて)、なだらかで自然なラインがオススメです。

表パターンに書き込まれた線をトレースして作った裏パターンがこれ。

ファスナーが付く後ろ中心の縫い代はゼロです。

でねー、今回あまり考えないでパターンカットしちゃって、

脇の縫い代幅が見返しと裏地とでちがっちゃった。。キセの都合上。

これでも縫えない訳じゃないけど間違えやすいから、できれば脇は両方(見返しも)1.5cmにしちゃってください。

裏スカートパターン。後ろ中心のファスナー部分、縫い代のつけ方注意してね。

裁断。

表地パーツ

見返しと裏地パーツ

見返しには芯貼ります。

ふらし始末だから、表地スカートの脇と後ろ中心にロック。

裾は折ってアイロンかけておいてください。

(裾ロックは最後にぐるっと一気にかけます)

では本縫い。

まずファスナー付けたいので、上下のハギを縫い合わせます。

後ろ身頃

アイロン

左右を中表にして、ファスナー止まり以下を縫います。

縫ったら割りアイロンしておいてね。

アイロンできたらファスナー付けます。

まずは出来上がりをどうぞ。

そう、ここ!

今回のポイントはウエストにあるハギ。

ファスナー閉じた時にハギ位置が左右でズレると、やる気激減する。。

という事で、ちょっと一手間かかるけど、綺麗にハギ位置を合わせる方法です。

コンシールファスナー。使い回ししすぎで印だらけ。。

基本的には以前と同じ要領で縫うので、過去記事も参考にしてくださいませ。

本日のポイント。

先にハギの位置を仮止めする。

片方に印を付けたら、

一旦ファスナーを閉じてもう片側の同じ高さにも印をつけ、仮止め。

あとは過去記事と同じ要領で縫うだけ。

仮ミシン1回目、往路行きます。

1本目の仮ミシン(往路)後、もう片方も仮ミシンするよね。(復路)

その時、ファスナーのしっぽの部分↓

上の画像を参考に、ムシと縫い目をまっすぐ合わせるのがコツ。

こんな風に右側や、

左側にズレると、出来上がりが歪みます。

だからといってこんな風に両サイド止めちゃうとスライダー下がらなくなっちゃうので、

片方だけ止めておけば大丈夫。

仮ミシンの往復が終わったら、コンシール押さえにチェンジして過去記事同様仕上げます。

この後裏地つけるので、仮ミシンはほどいてね。

では一旦保留で次いきます。

次は裏地ね。

裏パーツ 身頃↓

ハギを縫い合わせる為にこのように中表にするとさ、↓

逆カーブになって、縫いにくいっていうかそれ以前に生地を合わせにくい〜〜。

生地端から止めようとせずに、中央の合い印から止めます。

そのあと両端。

今回は脇の縫い代幅違うから5ミリ出ます。

中心側↓

3点止めたとこ

必要ならばその後更に間を止めます。

で、縫う。

画像の様に、身頃高片倒し(裏地側に倒す)

スカートも縫い合わせ、

左右を中表に重ねて、

止まり以下を縫います。

縫ったところを合わせロック↓

余分な縫い代をカットして

アイロン

裾も今一度整えます。

裏後ろ完成

同様に、裏前身頃も仕上げます。

それぞれのパーツを中表にし、

縫う。

アイロン。

___________________________________

ではあきの所を仕上げます。

今日は画像メインでサラッと進めるから、分からない人は過去記事参考にしてください。

まず出来上がりの状態を確認し、

押さえたままひっくり返す。そうするとどこを縫うのか分かるから。

ピンで止めて、縫う。

切り込み

ファスナーの底を縫い、

切り込み、

縫ったら出来上がり。

左右でハギ位置も合ってるので、

アイロンで整えます。

次。肩を縫う。

裏身頃同士、中表に合わせて、

ここ縫います。↓

縫ったら表身頃も同様に中表に合わせて、

ここ縫います。↓

こんな風に表と裏、それぞれ肩縫ってね。

縫い代は割ってアイロンし、一旦形を整えます。

次は衿ぐり縫います。

以前の裏付きワンピースは後ろがボタンあきだったので

衿ぐりと両袖ぐりを同じタイミングで縫っても表に返せたんだけど、

今回みたいなファスナーあきとか後ろ中心が「わ」の場合(要するに後ろ中心が繋がってる場合)、同じやり方で縫うと表に返せなくなるから!

知らずにやってしまうと

「あれ??これ、表に返せないやつ?! まじかーーー・・・。。。」沈黙。

という事態になるのでご注意。

今回のような場合はまず、衿ぐりだけ仕上げちゃいます。

ファスナーを下ろして

ひっくり返し、中表に。

この辺の縫い方は、見返し始末のスカートの縫い方記事と同じです。

肩線の位置を合わせて、

そこから中心に向かって合わせていきます。

たたんで、

ピンで止め、縫う。

高さチェック。

良さそうなので表に返します。

余計な縫い代をカット

切り込みいれてアイロンし、

角はこの様に。 覚えてる?指でぎゅうぎゅうにつぶすやつ。

返して整えます。

(画像ないけど、アタリが出そうだったのでこの後縫い代を5ミリにカットし直しました)

表側

裏側

これで出来上がりでもいいんだけど今日はね、衿ぐりに裏コバ入れます。

裏コバとは?

図で描くとこんな。↓

既製服とかでもよく見られる仕様で、裏側だけにステッチ入ってるやつ。

縫い代を抑える働きをするのでピタッと仕上がるし、

即裏の時などは裏地の飛び出しを防いだりもします。

今回の衿ぐり部分は既にファスナーついてるので、端っこから縫い始めるのは物理的に無理なので、ちょっと控えた所(2cm)から縫い始めます。

できたとこ。

裏側

___________________________________

では次の工程。袖ぐり縫い。

両方の袖ぐりいっぺんには縫えないので、縫う時は片方ずつね。

画像の様に服を置いてから、改めて中表にするとわかりやすいよ。

生地を合わせてピン止め

縫います。

肩の所は細いので、中にある半身を縫っちゃわない様にご注意。

縫い代をカット、

切り込み3ミリ、

見返しのみアイロン、

アイロンできたら表に返します。

こんな風に引っ張り出すと、

できてます。

形を整えて仕上げアイロンしてくだい。

では同様に逆側も。。

左右縫えたとこ。

脇縫います。

表地、裏地の前後の脇をそれぞれ中表に合わせ、

縫います。

袖ぐり下の縫い代は、裏地の方へ片倒し。

キセ部分。

脇を縫い終わったら、裏スカートの縫い代を合わせロックします。

後ろ高片倒し

表地は割りアイロン

表地と裏地で縫い代を倒す向きが変わるので、切り込み入れます。

できあがり。

あとは中綴じして裾始末して投了です。

いや、終了です。

今回も長い記事を読んで頂いてありがとうございました〜。

次回は「ワンピース・スカートだけに裏地を付ける方法」の予定です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. わった より:

    裏地付きのワンピースの作り方を知りたくてこちらに辿り着きました。
    裏地付きの服の作り方が丁寧に記載されている本が中々ないので、
    困っていたところです。
    洋裁初心者なのですが、何着か作っているうちに 
    もっとちゃんとした服を作ってみたい!という欲が出てきました。
    先にご出版されたパンツやスカートの本、とても勉強になっております。
    ワンピース編の出版のご予定は無いのでしょうか…
    袖や襟付きの総裏仕立てやレース生地のワンピースも作ってみたいですが、
    学校の家庭科程度の知識しかない自分には無謀な試み…
    作っていくうちにパターンや接着芯、生地の特性等々…
    服作りとは非常に奥が深いものなんだと思うようになった今日この頃です。

  2. yuca より:

    わったさま
    こんにちは!コメントありがとうございます❣️
    本もご購入頂いたとの事で、とっても嬉しいです!ありがとうございます🙇‍♀️
    先日記事にしましたが、スカート本の訂正に関してご迷惑をおかけし、本当に申し訳ございませんでした。お手元の本で訂正を宜しくお願い致します🙇‍♀️💦

    ワンピース編は、是非試みたいですが、今のところ予定はありません。
    ご期待に添えず申し訳ありません。。

    わったさまが仰るように、作るほどに色々な発見がありますよね。 パターンが綺麗に出来ても、生地との相性で上手くいったりいかなかったり。。
    芯の選び方で失敗したり。
    私もその繰り返しで、心折れる事無限にあります。笑
    最近は良いソーイング本やサイトも沢山あるので、是非色々挑戦してみてください。
    もし生地選びに悩んだり、工程の途中でつまづいたら、ここのブログではいつでもご質問お待ちしていますのでメッセージください。可能な限りお返事します。
    公開したくない場合は、お問い合わせフォームもありますので、メニューから「お問い合わせ」を選択するしてメッセージでも大丈夫です。
    是非楽しみながらソーイング頑張ってくださいね!
    これからもどうぞ宜しくお願い致します❣️

  3. わった より:

    おぉ!早々にご返信くださりありがとうございます!
    ワンピース編も出版して欲しいなどと
    不躾にも願望をぶつけてしまい申し訳ないです…
    パンツとスカート編は、初心者の私には教科書になってます。
    普段何気なく身に着けている洋服ですが、
    このような作り方の本を見ると
    沢山の科学が詰まっていると感じました。
    服飾をご専門にお仕事をされている方が難しいと仰る位だから、
    本当に奥が深いのだと思います。
    質問もお受けしてくださるとの事、本当にありがたいです。
    私も日々精進したいと思います。

  4. yuca より:

    わったさま
    いえいえとんでもない! 是非ワンピースも!とリクエスト頂けて、とっても光栄です🌟
    ありがとうございます🙇‍♀️
    機会もそうですが、まだまだそこまでの技量もないので、私ももっと頑張ります!
    こちらこそ、これからもどうぞ宜しくお願い致します❣️