円フリルパターン利用のコサージュ

これねー、仕事で作ったんだけど、もう5ヶ月も前の仕事だし、

そのイベントとっくに終わっちゃったし

画像アップしても大丈夫だろー、と思ってアップしちゃうね。

コサージュっていうか、スカートの後ろに付けるトレーン付きのコサージュ。

まず完成形がこちら。

これね、難しそうかもだけど、それほど難しくもないの。

コサージュとトレーンは別々に作ってあります。

トレーンは円フリルの応用で、渦巻きパターン。

裁断して巻きロックかけたのがこれ

垂らすとこんなふう

1/3辺りの所をつまんで持ち上げると、長さがイレギュラーになってアクセントになるかな。

2枚作ってボリューム出しました。

で、コサージュのパターン

同じ幅の長方形でもいいんだけど、ちょっといびつというかイレギュラーな感じを出したかったので、両端で幅を変えてみた。

裁断したら、細い方から縫いはじめます。

ねじりながら袋状に縫うの。

こんな風に折って、縫い始め。

ちなみに、最後ギャザー寄せたいので粗ミシンで縫いました。

1cm手前の角まで来たら

三角形の辺と直線部分を合わせて縫う

あとはこのくりかえしで、ねじりながら縫えればオッケー。

どうせ後でギャザー寄せちゃうから、最後少しくらい長さが合わなくても大丈夫。伸ばして合わせちゃってー。

さいご

少し糸を出して始末。

こんな。

で、糸をひっぱる

ぎゅーーっとね。

これを、幅の細い方からぐるぐる巻いていくと

あとは、形を整えて、綺麗に決まったら手縫いで止めていって完成。

ヘッドアクセとか作る時に土台にする副材料があるんだけど、そういうものに縫い付けて固定すればよい。

土台に共布を巻けば地が気にならなくなります。

こんなシンプルなドレスだったのが

羽などの装飾も加えてこんな風にアレンジ出来ました。

まぁ、生地によって生まれる表情が変化するので、

同じ方法でも扱う生地が変わればイメージもまた変わるはず。

スカート側と土台側にスナップボタンとか付けて、取り外し出来るように仕上げてます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 内山江 より:

    TOAのホームページ探そうと思ってググったら
    まさかで有華さんのページが出てきました。
    お元気そうですねー。

  2. yuca より:

    わーー!江君!
    久しぶり!
    TOAからのここのブログって不思議。笑
    元気??
    会いたーーい!