袖山の縫い代

今ねー、学生の作品制作を少し手伝ってるんだけど、
袖がパフスリーブなのよね。

昨日トワルチェックしたんだけど、ブログでも活かせるなー、と思って
一部ご紹介。

この袖山と

この袖山

明らかな違いが分かる?
2枚目の袖の方が、パフって盛り上がっててかわいいの。
分かるかなー。
これ、実は全く同じ袖。
何が違うかというと、縫い代を倒す方向が違うだけなの。
平坦になってる1枚目は、縫い代身頃高。つまり、身頃の方に縫い代倒してる。
一方、盛り上がってる2枚目は、縫い代袖高。袖側に縫い代倒してるのー。
ただそれだけの違い。

ギャザーやタック寄せちゃうと、その生地の厚みの問題もあって、縫い代は自然と身頃側に倒れがちなのよね。
アイロンして袖側に倒したい所だけど、そんなことしたらパフ台無しだし。

じゃあどうするんだ!!
って思うよね。
答えは、袖山布付けるの。

袖の生地にもよるけど、透けない生地なら共布、透ける生地ならソフトチュールとかおすすめよ。

生地をこんな風にバイヤスにカットしてー、

二つ折り
上がりの幅は3cm位かな。

それを画像のように、身頃側の縫い代に縫い付ける。

手縫いですこーしきもーち緩めに縫い付け。

こんな風に仕上がるよ。

袖山布が付いたから、縫い代はもう、袖側にしか倒れようがないって感じ。

ちなみに、ウエディングドレスとかでもこういう仕様は結構あるよ。
本とかにも載ってる。

ちなみに、ジャケットの袖に付けるゆきわたとは、付け方もその目的もちょっと違うよ。
ゆきわたは袖山側に縫い付けて、イセた分をふっくらさせるものだから。

あとさー、パフスリーブ作る時って袖山に夢中で、身頃の袖ぐり放置する人もいるよね。
こんなにギャザーやタック入れた袖作る時は、
袖ぐりのショルダーポイントを2〜2.5cmは削っちゃってね。
場合によっては3cm位削ることもあるかもね。
じゃないと、ジャストのショルダーポイント位置から大きな袖が付く事になるからさー、
肩が張ったパフスリーブとかになっちゃうのよね。

最近テレビとかで色んな衣装見てて
こういうパフスリーブ袖見るたびに
「あー、こんなに肩がゴツく見えちゃって可哀想に。。」
とまでは思わないけど、まぁ気にはなるわね。。

話が逸れたけど、とにかく
パターンや生地だけでなく、縫い代やアイロン処理ひとつで
こんなに見え方が変わるってことよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする