シャツ裾などの三つ折り始末・インカーブの縫い方

先日アップした

「シャツ裾などの三つ折り始末」という動画。

ご覧いただいた皆さまありがとうございます。

そこでコメント頂きまして。

「反対向きのカーブを縫おうとすると端が立ち上がってしまうのですが

何かコツはありますか?」

動画では主に「アウトカーブ」(膨らんだカーブの縫い方)について

説明してました。

インカーブ(へこんだカーブ)を縫うと生地端が立ち上がっちゃう、って事も結構あるよね。

こんな感じ?↓

アウトカーブの所はねじれ、インカーブの所は立ち上がっちゃう。。

ぴえん!!(←うざい。。)

三つ折り始末する時、カーブの形や生地、アイテムやデザインによって折り幅を考える必要があります。

シャツとかだと、5ミリ位?

本や市販パターンで

「1.5cmの縫い代で三つ折り始末」(←つまり7ミリ位の三つ折りになる)

とかって書かれてる事もあるようだけど、場合によっては太すぎるかも。

という事で、市販のシャツを色々見てみる事にした。

1つ目↓

前裾と後ろ裾だけど両方ともアウトカーブ気味。

そして折り幅は7ミリでした。

2つ目↓

ややインカーブ入ってます。折り幅は5ミリ。

3つ目↓

これも同じ位のインカーブ。幅はやっぱり5ミリ。

最後↓

これが1番インカーブ入ってるかなぁ??

ちなみに折り幅は5ミリでした。

というわけで、このシャツの裾の形に近い形でパターンをとって、シーチングで試してみます。

縫い代は、1cmと1.5cmの2種類つけて裁断しました。

まず1.5の方。

7ミリで折ってアイロン。

インカーブの所、もう明らかに突っ張ってる感じ。。

こういう場合はもうすでに無理そうだなぁ。。と予測し

可能なら5ミリ幅の三つ折りに変更したほうがいいです。

「どうしても7ミリ幅で縫わなくちゃいけない事情があるんですっ!」

という場合。(どんな事情さ。笑)

そういう場合は、そっと切り込みを入れる。

画像よりもう少し折り目に向かって切ってもいいかもだけど

折り目ギリギリまで切っちゃうと角張るのでご注意。

あと、透ける生地には不向きです。

これは切り込まずに縫った方↓

アイロンしてもやっぱちょっとつっちゃうよね。

シーチングという生地も原因かも。シーチングって良くも悪くも

正直者だからさー。

「無理なものは無理です。え?何がですか?」

みたいな感じで融通が効かないんだよね。イセも入りにくいし。

もう少し目のゆるい生地とかソフトな生地だと多分いけると思う。

これは切り込み入れた方↓

慣れてきたのもあって、割と綺麗に縫えました。笑

次、こちら。1cm縫い代の方↓

5ミリで折ってアイロン

もう、この時点で余裕である。

縫います。

特に何も気にしなくても綺麗に縫えました。

もちろん、アウトカーブ部分はイセ気味に、インカーブ部分は伸ばさずに。

生地端が立ち上がってきちゃう原因としては

・カーブの形や生地に対して折り幅が太くてつってしまう

・そのつった部分を無理に引っ張って縫っている

というのが原因のように思われます。

解消法としては

・折り幅を細くする

・透けない生地なら少し切り込みを入れて縫う

などが考えられます。

動画こちらです。

良ければご参考までに〜。

そして、YouTubeチャンネルの方では登録者数も500人を超えまして、本当にありがとうございます!

声が小さめなので(笑)、もう少し張り気味でがんばります。

ではまた〜〜。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. ザネリ より:

    あのキンコンカンコンと先生の「はい」って言うの、大好きです。時々出てくる曲がったまち針も大好き❤です。

  2. yuca より:

    ザネリさま
    こんにちは!コメントありがとうございます❣️
    そんな風に言って頂けてとても嬉しいです!
    曲がった待ち針は処分しないとダメですね💦😅
    ブログも動画もご覧頂いて、本当にありがとうございます。 またちょくちょくとアップしますね!

  3. 有里男 より:

    こんにちは!ブログ・YouTubeチャンネル楽しく&勉強させていただいています。
    先生の自分突っ込みがたまらなく面白いです(^^)
    北海道に住んでいますが、最近寒くなってきていてコートとかオーバーを作りたいと思っています。見頃を展開してからのラグラン袖の製図の仕方を教えてください!よろしくお願いします。こちらは初雪降りそうなぐらい寒くなってきています・・

  4. yuca より:

    有里男さま
    こんにちは。コメントありがとうございます❣️
    ブログと動画をご覧頂きありがとうございます🙇‍♀️
    自分ツッコミは、普段の授業で培われました。笑

    ラグラン袖、との事ですが、生地やデザインによってひき方は様々で。。 端的に説明する事が難しいのです。
    過去にもラグラン袖の質問を頂きましたが、私の力量が足りず申し訳ありません。
    例えばトワルなどがあって問題点が明確になれば、回答できるかもしれません。 的確な回答が出来ず申し訳ありません。

    北海道にお住まいなのですね!場所によってはもう雪の降る季節ですよね。
    くれぐれもお気をつけてお過ごしください。
    これからもよろしくお願い致します。

  5. mutsu より:

    こんばんは。今回の記事もとても参考になりました。カーブを縫うコツがとてもよくわかりました!!同じようなことが襟ぐりのカーブでも発生することがあります。見返し始末でも、バイアス始末でも薄手の布で起こってしまいます。同じ原理なのでしょうか?
    裾の解決法は今回の記事でもうばっちりですが、襟はいかがなものでしょうか。

  6. yuca より:

    mutsuさま
    こんばんは!コメントありがとうございます。
    見返しの場合は身頃の衿ぐりと同じカーブの形をしているので伸ばしやイセなどは不要です。
    パイピング始末などをする際、バイヤステープは衿ぐりのカーブに対して直線なので、
    普通のパイピングならインカーブは少し伸ばし気味で、
    裏パイピングならイセながら縫います。
    ちょうど動画であげますので、良ければ参考にしてみてください。

  7. mutsu より:

    ありがとうございます!参考にします!