裏パイピングの縫い方

今日もまた、ご質問頂いた回答です。

「裏パイピングのコツ」

縫い代と縫い合わせたあと、パイピングテープを裏に返す方法

表側↓

裏側↓

裏パイピングって色々な方法があってそれぞれ特徴があるから

沢山把握しておいて、あとは生地やデザインや仕様によって使い分けるといいと思います。

(衿がないとかフラットカラーが付くとか、生地が透けるとか、生地が薄いとかハリがあるとか色々)

普通のパイピングの場合、インカーブ部分はバイヤステープをやや伸ばし気味で縫うんだけど

裏パイピングの場合は少しイセながら縫います。

今回は

①パイピングテープを2つ折りにして縫う方法

②縫い代をパイピングテープで包む方法

の2種類を動画にしたので、ご参考まで〜。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. Mimsi より:

    こんにちは。
    いつも本当に助かってます!
    この裏パイピングの時に、
    ループ布を挟む場合、どの様にすれば綺麗に縫えますか?
    リクエストさせて下さい!

  2. yuca より:

    Mimsiさま
    こんにちは!コメントありがとうございます。
    ループ布を身頃の表側に仮留めしておいてから裏パイピング布を縫います。(ループ布が間に挟まっている状態で裏パイピング始末をします)
    この説明で伝わりますか?
    分からなければお手数ですがコメント頂ければと思います。
    宜しくお願い致します❣️

  3. Mimsi より:

    ユカ先生、早速の返信ありがとうございます❗️
    表側に、ですか?
    ループ布を仮止め→パイピングを中表に→縫い代をくるんで、ですね?
    というか仮止め自体にコツとかあるのでしょうか。
    パイピングの幅に上手く収まるよう綺麗につけるのが難しくて・・
    練習あるのみですかね。

  4. yuca より:

    Mismiさま
    返信ありがとうございます❣️

    ループ布を仮止め→パイピングを中表に→縫い代をくるんで、ですね?

    そうですそうです!
    仮留めのコツは、ベルトループを仮留めする時と同じように、縫い始めの時ループに針を刺してスタートするとずれないですよ。
    ご参考までに↓
    http://www.komineco.com/?p=9919

    パイピングの幅に上手くおさまるように、という点については、ループ布端を少し長めに付けてから、後で短くカットすると縫い代におさまりますよ。

    上記の説明で分かりにくいようでしたら遠慮なく仰ってください。
    宜しくお願い致します❣️

  5. Mimsi より:

    ユカ先生、ありがとうございました!
    やってみます!