ドロップショルダーのパターン

でね、いよいよ本題。

ドロップショルダーのパターンって

本とか見ると、こんなかんじ。↓

IMG_0803

IMG_0804

IMG_0805

だいたい袖下の位置が下がってるのと、脇にもゆとりが加わっててゆったりサイズになっている。

原型にある胸のダーツもウエストダーツも「無い事にします!」という感じでガン無視だよね。

これでも全然間違いではないの。

ゆとりのあるシャツ作るんだったら、ダーツ入れる意味ないし、無視して大丈夫。

でも、最近のシャツって結構タイトでスッキリしてるよね。

ドロップショルダーのシャツは基本的にはゆとりがあるアイテムだから、

タイトな身頃にはなりにくいんだけど、

それでも袖あたりがすっきりしてるアイテムもあったりする。

今回は、ドロップショルダーなんだけど、袖周りをすっきりさせたシャツのパターンひいてみます。

まずこの間記事にしたシャツの原型。

IMG_0802

で、その後ろ身頃。

IMG_0807

肩のダーツ半分にしてあったけど、更にたたんで袖ぐりに逃がします。

IMG_0808

IMG_0809

肩線をそのまま延長

IMG_0810

襟ぐり修正

IMG_0811

そこから今回は18cm肩線をとって、(原型のショルダーポイントから約5cmドロップ)

IMG_0812

袖ぐりを書き直すため、ゴール位置決めます。

袖下の位置を4cm平行にずらし、(身幅を広げる)

IMG_0813

そこから今度は1.5cm下げます。

IMG_0814

カーブ定規使うか、ワタシはフリーハンドでうっすら描いて

IMG_0815

その後定規で書き直します。

IMG_0816

つぎ、ヨーク。

バックネックポイントから今回は5.5cmの所に印

IMG_0817

中心線に直角に線をひいたら、

ショルダーポイント位置から5cmの所に印

IMG_0818

ダーツがあった所からほんのりカーブの線にします。

これはデザイン線だから自由だけど、アームホールの向き的になんとなくこうしました。

IMG_0819

アームホールに逃がしたダーツ分、約1.5cmを取り、

IMG_0820

ダーツがあった所あたりからカーブでつなぎます。

上がヨークの線、下が後ろ身頃の線になるよ。

ここの隙間分が縫い合わせる事でダーツの代わりになります。

IMG_0821

ここにダーツを隠し入れる事で、ゆとりが減るので体にフィットするようなシルエットになります。

ハギ部分にタック入れたいので、後ろ身頃の中心線だけ平行にずらし、

IMG_0822

だいたい終了。

IMG_0823

まだ完成じゃないんだけど、これでひとまず保留で

次、前身頃行きます。

前身頃↓

IMG_0824

まずは襟ぐり修正

IMG_0825

あとは、後ろ身頃と同様の展開します。

肩線延長↓

IMG_0826

袖山の高さをとって、

IMG_0827

アームホールを書き込み、

IMG_0828

IMG_0828

定規で綺麗に書き直します。

IMG_0829

つぎ。ヨーク作ります。

肩線から2.5cm(これは自由に決めてください)の所に平行線をひいて、

IMG_0830

ハギの所にダーツ入れます。

画像のように印をとって、

IMG_0831

ショルダーポイントのあたりから、カーブでつなげる。

IMG_0832

これで前身頃もだいたいオッケー。

次はアームホールのラインチェックね。

別の紙に後ろヨークをトレースし、

IMG_0833

ダーツ止まり位置から、ダーツを閉じるように紙をずらして身頃のアームホールも続けてトレース

IMG_0835 IMG_0836

更に前ヨークも繋げてトレース。

IMG_0837

IMG_0838

そうすっと、こんな風に線ガタガタだから、

IMG_0839 IMG_0840

つながりよく書き直します。

IMG_0841

これでヨークもだいたいおわり。

つぎ、袖行きます。

また別の紙に後ろヨークをトレースし、

IMG_0842

さっきと同様に身頃側のアームホールもトレース。

IMG_0843 IMG_0844

肩線を延長し、

IMG_0845

袖山の高さとって、

IMG_0846

袖ぐり書きます。

IMG_0847

繋いでできあがり。

IMG_0848

前の袖も同様に。

身頃のアームホールをトレースし、

IMG_0849

ダーツを閉じた状態で前ヨークの袖ぐり線もトレース。

IMG_0850 IMG_0851 IMG_0852

肩線延長。

IMG_0853

袖山の高さをとって、

IMG_0854 IMG_0855

袖山線書きます。

IMG_0857

袖下線描いておわり。

IMG_0858

後ろ袖と前袖。

くっつける前に、パターンチェック。

IMG_0859

袖下部分の線のつながりがいいかをチェック。

IMG_0861

さいごに画像のようにくつけて終了。

IMG_0862

えーーと、そもそも、今回の記事は、

「ドロップショルダーのシャツ作りたいけど、身頃がダブダブになるのは嫌!」というのがテーマだったよね。忘れてるかもだけど。。。

ポイントは、

1:ヨーク部分の隠れダーツ。(立体的にフィットする)

2:袖ぐりの向き(袖下位置を脇であまり出さず、更に下げない事で身頃がルーズになりにくい)

3:アームホールをあまり大きくしないことで、細めの袖になります。

ただし、ドロップショルダーっていうディテールがそもそもルーズなシルエットなので

身頃だけあまり極端に細くタイトにするのもバランス悪いよね。

適度なゆとりが服の美しさにもなる事をお忘れなく〜。

今回の記事はあくまでも、「こういう方法もあるよ」という事で、皆さんのパターン技術に活かしていただけたらな、とおもいます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. hana より:

    yuca先生はじめまして。
    ブラウスの作図のヒントを探していてこちらのブログにたどり着きました。
    ものすこーく参考になります!
    過去記事も読ませていただきましたが、面白くて為になることばっかりで感激しました。
    ずいぶん長い間続けられていることも驚きです。これだけ詳細なパターンの説明は大変だとは思いますが…
    ぜひぜひこれからもお願いします!

  2. yuca より:

    hanaさま
    こんばんは!初めまして。
    コメントありがとうございます☺︎
    参考にして頂けて嬉しいです。
    ずっとソーイング中心の内容だったのですが、ここ最近パターン記事も増えて来ました。
    上手く説明できない部分もまだありますが、これからもどうぞよろしくお願い致します!

  3. mutsu より:

    yuca先生こんにちは。ドロップショルダー、流行の形ですね。パターンの成り立ちが順を追って解説されてこんな風にできてるんだと、勉強になりました。Diorの記事も夢のようなお話。私たちが普段着る服とは別世界の美しいドレスの数々にうっとりでした!
    私自身は、縫いの方で四苦八苦し日常着作りで失敗の繰り返しなので、また縫い関係の記事も是非お願いします!(^_^)

  4. yuca より:

    mutsuさま
    こんばんは!コメントありがとうございます😊
    四苦八苦中ですか!
    ソーイング記事で何かリクエストがあれば教えてほしいです。
    お答えできるかは保証できないですが、なるべく記事にしたいと思うので、もしお時間があればいつでもまたメッセージ下さいm(_ _)m

  5. mutsu より:

    こんばんは。早速のお返事ありがとうございます。今の悩みは、ウエストベルトの落としミシンです。表からミシンをかけると、裏のミシン目がベルトに乗っていなくて、ゴム通しができないという初歩的なミス・・・。以前にも落としミシン記事があったように思いますが、うまく縫うことなどあれば是非教えてください。よろしくお願いします。

  6. yuca より:

    mutsuさま
    お返事ありがとうございます。
    落としミシンは以前記事に書いたのですが、私のキャパではあれが全てなのです〜。m(_ _)m
    http://www.komineco.com/?p=7873
    記事が長いので、終盤のベルトつけをお読みください。。
    アイロンで折っておく幅を8mm位にしておくのがポイントです。

    あと、「どうしてもどうしても縫い直しや失敗したくない!!」という時は
    手間でもしつけ縫いします。

    ここ最近パターン記事が続いたので
    ソーイング記事もまた更新しますね。

  7. なお より:

    はじめまして、ドロップショルダー製図で検索し、最初に出てきたのがこちらの記事でした。既存型紙の身頃脇をカットする、ワンピ丈にする、等しかしたことがないのですが、今回茅木真知子さんパターン本のプルオーバーブラウス(ヨークやダーツなし)をドロップショルダーにしたくて、yuka先生の記事を参考に書き直してみました。脇線から4cm引き出すのは後ろ身頃のみ、なんですね。
    そこまではなんとか!できたのですが、(というのは袖ぐりのカーブ自体カッティングスケールをどうあてながら描くのかもうそこから謎でした。)袖の製図が、難しいです。やはりスケールをあてる場所が、難しいし、できあがって左右くっつけると袖山が尖り気味で、こんな袖見たことない状態で……………
    パターン本ばかり増えるのも困りものなので、製図を勉強しようと一年前買った本も2%位しか理解できないで放置していたのですが、やっぱり製図したいと強く思いました。前身頃は脇4cm出さない理由と、山が尖らない袖の書き方を教えて頂けたらと思います。宜しくお願いいたします。

  8. yuca より:

    なおさま
    こんにちは。メッセージありがとうございます。
    まず、脇を後ろだけ4cm出す理由ですが、これは特に決まりではないです。もちろん前も同様に出す場合もあります。
    今回後ろだけにした理由は、身頃のサイズ感をあまり大きくしたくなかったのと、
    出来上がったパターンを計った時、前後差が少なかったからです。
    山がとがらない様に袖ぐり線をひく方法は、色々ありますがその1つとして
    肩線に直角になるように袖ぐり線を引き始める事です。(これも絶対ではないのですが。。)
    そして最後のパターンチェックの際に
    前身頃と後ろ身頃を肩線で付き合わせ、袖ぐり線がなだらかにつながるかをチェックします。

    パターン技術を上げる一番の方法はトワルを組む事です。
    面倒と思うかもしれませんが、是非頑張ってくださいね☆

  9. なお より:

    ありがとうございますm(_ _)m
    もんもんとしながらもうすうす、肩線からちがうのかな、でもこのパターンの肩線元々90度ではないような…………とおもっていました。型紙をつくるって、奥が深いとよくわかりました。悩んだらいらない布でためしてみます。この度は誠にありがとうございましたm(_ _)m.*・゚ .゚・*.