ベルトループ・2

過去にもベルトループの色々な作り方紹介したんだけど、今回新たな作り方を教えてもらったのでその紹介です。

まずは既製品どうぞ。

これはねー、もう使ってるミシンが違うの。

カバーステッチミシンだっけな。。  Tシャツの裾とかの縫い目でよくあるやつ。表側が直線に縫えていて裏側がロックの縫い目になっているの、見た事ある?

今家庭用ミシンでもカバーステッチミシンあるけど、そんなに持ってる人いないよね。

という事で、なんちゃってカバーステッチに仕上げる方法です。

ベルトループの寸法は、出来上がりの倍の幅にカットしてください。

例えば1.2cmあがりなら、倍の2.4cmなんだけど、生地の厚みとかあるからまぁ、2.5cmとかでもよい。

で、両端ロックかけときます。

そしたら両端接着テープ登場。

このようにクモの巣状なのでクモの巣テープとも言う。

今回は出来上がりの寸法1.2cmにしたのでやや細めの10ミリテープ使いました。

こんな風に生地裏の中央に乗せて両サイドを折り、↓

アイロン。

このように、両サイドを折りながらアイロンかけていきます。

出来たところ。

接着テープが芯の役割にもなるので、結構しっかり仕上がるよ。

そしたら昨日紹介した両段押さえ使ってコバステッチかけます。

いやホント、段押さえ最高。

迷いのないビシッとした縫い目!

追記↓

付け方ね。

まずはベルトループを本数分カット。今回は9cmを5本。

身頃の位置に配置して、

仮止め。

ここがズレる事多し。

コツは、ベルトループの中央に針を刺してスタートします。 

返し縫いせずにそのまま進み、端まで来たら1目身頃に落としてから返し縫い。

反対側の端まで返し縫いしたら、同様に1目身頃に落としてスタート位置に戻ります。

つまり、S字に縫うってこと。

全部とめたら、ベルト布縫います。 

縫ったとこ。

直角に起こして5ミリ位隙間をあけて、

すかさず目打ちでギュッと押さえ、

またもやベルトループの中央に針を刺す!

さっきと同様にS字に縫ったら完成。

ポイントは、

①ベルトループの中央を目打ちでギュッと押さえて、そのまま押さえ金の下にセット

②目打ちで押さえた所にそのまま針を刺してスタート

③返し縫いせずに進み、S字に縫う

縫うときも目打ちで押さえながら縫うと、更にズレにくくなります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. mutsu より:

    続けてコメント失礼します。両段押さえがこんなところにも!便利なんですね~!そして目から鱗のベルトループ!既製品みたいですね(^0^)でも私にとってのループの鬼門はこれをベルトにつける時です。どうしても変にずれて縫い始めがガタガタになったり、折り込んだ布がずれたりと、悪戦苦闘します。しかも結構目立つところですね。次回の記事にその解決の糸口があると期待しています。楽しみです。(^▽^)

  2. yuca より:

    mutsuさま
    厚みでずれるんですよね。分かります。
    今夜追記更新しますね! 「それ、もう試してる!」と、言われない事を願います。。笑

  3. mutsu より:

    こんにちはー!これも目から鱗です!中央から縫うという発想がなかったので。なるほどです!!端からスタートして返し縫いしようとするからずれるんですね。是非試してみたいです。となるとパンツ縫わなくては・・・。両段押さえも気になりますし。久々に大物(?)のパンツ縫ってみたくなりました。いつもありがとうございます。(^▽^)

  4. yuca より:

    mutsuさま
    ねー!ほんとにね!ですよね。笑
    言われてみたら簡単な事なのに、、。
    これと同じ理屈で、タックの仮止め(通常だと生地がズレてタックの幅がマチマチになる)
    共布ループの仮止めなどにも適用できます。
    タック仮止めも、端から縫わずにタックの内部からスタートすればズレませんよ。
    パンツ制作の際には活用してみてください❣️

  5. mutsu より:

    タックスカート!なるほど。ちょうど次に作ろうと思ってたので試してみます。確かにいつもずれていました。これなら大丈夫そうでわくわくします!ありがとうございます。(^▽^)

  6. yuca より:

    mutsuさま
    早速試せそうで良かったです❣️
    綺麗に出来るといいですね〜〜⭐️ 頑張ってください!