シームポケットの縫い方・2(縫い代後ろ高片倒し)

2019年初投稿ですっ!

いやーー。今に始まった事じゃあないけども、

本当にすみません。

今年最初の記事は

「シームポケットの縫い方・2」

です。

今回のは、脇の縫い代を後ろに片倒しする方法。

ちょっとだけコツがいるけど、その他はすっごく簡単。

ではまず必要パーツのご紹介から。

向こう布(表地で裁断する方)と袋布(スレキで裁断する方)は共通パターンです。

前身頃のポケット口に伸び止めテープを貼ります。

前身頃の表側に、ポケット口位置を合わせて袋布(スレキ)をのせ、

ポケット口を縫います。

縫ったら画像のように斜めに切り込み。

割りアイロン

袋布(スレキ)を裏に返し、

ポケット口の形を整えてアイロンします。

表から見たところ。

次にポケット口にステッチ入れます。

縫い始めと縫い終わりは返し縫いせずにそのままでー。

向こう布登場。

中表(出来上がりの状態)に合わせたら、

向こう布と袋布の周りを縫います。

縫えたとこ。

周りにロックミシン。

かけたとこ。

表側。

次に脇縫います。

後ろ身頃を中表に重ねて、

脇を縫うんだけど、ココがポイントっていうかコツっていうか。

仕上げてあるポケット口は縫い込まないように注意してね。

ここだけ縫い代幅を1.5cm→1.4cmとか意識するといいかも。

縫いました。

表から見たところ。

ポケット口を縫い込まずに出来てたら、最後、脇の縫い代にロックミシンかけます。

縫い代を後ろ側に倒してアイロン。

裏側

仕上げ。

ポケット口の両端に、向こう布まで通してL字のステッチ入れます。

返し縫いしなかったところに重ねるようにね。

はいー。出来上がり。

裏側。

ここまで見てきて、ご不満がある方。

「え〜〜。裏地をつけないから、袋布の周りをロックじゃなくって袋縫いで仕上げたいんですけど!」

はい!

ワンランクアップの仕上がりを目指すそんなあなたには、こちらの本!

パターン展開でバリエーションを楽しむパンツ」のp58~p59に載ってます!笑

「あ、いや、自分の服を趣味で作るだけなんで、手軽な方法で十分です」という方は、

今日のこの方法で綺麗にできると思いまーす。

簡単なので是非〜。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. mika より:

    わかりやすい説明をありがとうございました😊本当にスッキリです!娘のショートパンツを縫うところだったので、さっそくやってみます。

  2. yuca より:

    mikaさま
    こんにちは❣️コメントありがとうございます!
    手順が伝わってよかったです!
    脇を縫う時、ポケット口を縫わないように気をつける所だけ、注意点してみてください。
    娘さんのパンツ、楽しみですね❣️
    これからもどうぞ宜しくお願いします!

  3. ミツキ より:

    yuca先生!!
    お忙しい中、アップをありがとうございました!
    いつのまにアップされていたのか知らなくて、前の方法で3着縫いました!!
    次回はこれで縫ってみますー!!
    次作の本も楽しみです🎶

  4. yuca より:

    ミツキさま
    コメントありがとうございます❣️
    3月に入ったら、と言っていたのにすみません🙇‍♀️💦
    ちょっと時間ができたので、早めにアップしてしまいました💦
    もう3着も縫われたとの事で、ビックリしました‼️
    今回は間に合わずに申し訳ありません。次の製作の時に参考にしてみてください。

    次作本についてもありがとうございます!発売は4月1日のようです。詳細はまた改めて記事にしたいと思いますので、どうぞ宜しくお願い致します☺︎