比翼あきの縫い方(本比翼)

今日は久々のソーイング記事。

「比翼あきの縫い方」について。

今、授業でコートというかアウターの自由製作やっていて

前開き部分を比翼あきにしたいという学生がいてさー、

補足として記事にしました。

まずは出来上がりから。

ボタンホールは省略したんだけど

こんなふうに内側でボタンをかける構造になっているあきを

「比翼(ひよく)あき」といって、

右前の場合は右前身頃が、左前の場合は左前身頃がこのような仕様になります。

で、コートとかシャツとかブラウスとか、アイテムや生地の厚みによって「本比翼」とか「略比翼」とかいろんな縫い方があり、

今回は「本比翼」と言われる方法で、コートとかでよく見かける縫い方を紹介しますね。

それぞれパターンも縫い方も変わるので、まずはいつものようにパターンどうぞ。

まず前身頃。

これをもとにして、

見返し↓

比翼布↓

ステッチ用の紙定規↓

これらをそれぞれトレースして作ります。

※学生に渡したパターン、比翼布のパターンがちょっと違っちゃってて。この画像↓を参考に訂正してください🙇

最終的に、このようなパターンを準備します↓

で、裁断したパーツ↓

ノッチ入れたり、ボタン位置に糸印つけたりします↓

では縫いますね。

まず、右前身頃の表面に比翼布が中表になるように重ねます。

合印の位置を合わせて生地端を揃え、5ミリ幅で縫います。

縫ったところ

比翼布を返し、

比翼布の方にコバステッチいれます

縫ったところ

裏側↓

同様に見返しも比翼布と縫い合わせ。

これを、

中表になるように重ねて、

上部は縫い止まりの合印まで、

下部は合印以下を縫います

縫ったところ

そしたら開いて、割りアイロン。

比翼布のところは縫えてないので、突き合わせになるように折ってアイロンしてください。

※うまくアイロンできない場合は、粗ミシンで縫っておいて割りアイロンし、その後粗ミシンをほどいてもOKです。

見返しを裏に返して形を整えてアイロン↓

比翼布の部分はこのように5ミリ控えたように仕上がります。

この後ステッチかけるんだけど、幅が広くて縫いずれしやすいので、

しつけ糸で仮留めしておくといいよ

紙定規当てて、

縫います。

縫ったところ

今回は部分縫いなので丈が短いけど

通常はもっと丈が長いと思うので、本縫いの時は、途中パカパカ開かないように

所々糸ループで留めます

糸ループの縫い方

ということで出来上がりです。

動画じゃないと分からないっ!!という方は

こちら。

参考にしていただければ。

ではまた〜〜

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. mutsu より:

    こんばんは。」比翼縫いのコートって、憧れ―、いつか縫いたいと思っていたのでとっても参考になります!いつかって言ってないでこの冬作ろうと思いました。いつもなら既成のパターンを使いますが今季はおあたーん作ってみようと思っています!また分からないことがあったらアドバイスお願いいたします。
    今年もいろいろアドバイスありがとうございます。いつも本当に参考にさせていただいていますので(自力でできない(;^ω^))来年もどうぞよろしくお願いいたします。

  2. yuca より:

    mutsuさま
    こんにちは! こちらこそ、今年もブログをご覧頂き、コメントもありがとうございます❣️ いつも励みにしながら更新しています。
    不規則な更新にお付き合い頂き、感謝しております。
    オリジナルのパターンや制作、頑張ってくださいね。
    少しでもお役に立てば嬉しいです。
    来年もまた役立ちそうな記事を書いていきたいと思いますので、どうぞ宜しくお願い致します!