どんでん仕様のベンツあきの縫い方(パターン編)

えっとーー。

出だしからいきなりで申し訳ないんだけど

パターン間違えた。(えっ!)

コートのベンツあきって質問文に書いてあったのに、

何を勘違いしたのかスカートのパターンひいてた(疲労か。。)

関係ないけどこの間、お箸やスプーンが入ってる引き出し開けたら人参入ってた(これは老化。。?)

いや、パターンひきながら

「それにしても、スカートでどんでんのベンツって珍しい仕様だよなぁ。。」

って思ってはいたの。

で、質問文を再読したら「コート」って書いてあった。

裏パターンも芯パターンも全部ひいてパターンカットもしちゃってたから、さすがに全部やり直す気力がなくって。

つまり、すみません。。

まぁ、ベンツ部分のパターンの形と縫い方の手順の参考になれば。

縫い方はコートを想定して説明しますんで。

今回はまずパターンからです。

後ろ身頃にベンツ止まり位置とベンツの形を記入します

今回は見返し仕様のベンツにするので見返し部分も記入し、

さらに裏地の裾位置も記入します

どんでんなので、このように裾にはキセが1cm入ります。

このパターンを元に、左の後ろ身頃も作成。

持ち出し分と持ち出しの見返し分を書きます。裏地の裾位置も記入。

右後ろと左後ろが出来たところ。

ベンツ部分アップ

裾に貼る芯の位置も記入しときます

一旦保留で前身頃。スカートの場合は中心「わ」なんだけど

コートを想定して前開き、見返し仕様にしました。

裏地の裾線や芯の位置を記入

ここまでで表地のパターンが終了なので、次、裏地のパターン引きます。

戻ってこちら、右後ろ身頃

これをひっくり返して必要な線をなぞり、

トレースします(写します)

左後ろ身頃も同様に

ひっくり返して必要な線をなぞり、

トレースします

前身頃も同様に

ひっくり返してなぞり

トレースします

これらをパターンカットしたもの

表地パターン

裏地パターン

芯パターン

以上です。

ところでベンツって苦手な人多いよね。

この記事書いてて思ったんだけど、その原因は多分この

「右、左問題」だと思われる。(え、ちがう?💦)

見返しのベンツあきって左右対称のパターンじゃなくなるのと

これに裏地も加わるからもうパニックになるよね。

上記の記事を読んでいて分かったと思うけど

裏地のパターンって左右反転したみたいになるからさー

しかも縫うときって生地だから、裏地とかだと更に

「向かって右?左?あれ、これ表?裏どっち??」

ってなる。

まぁ、目印つけるとか慣れるとかしかないんだけどー(あ、対処法をご紹介するわけではありません。。笑)

目印つければまぁ間違えないので、次回は縫い方書きますね。

ではまた〜〜

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする