フラットカラー・パターン編

今日はフラットカラーのパターンのひきかた。

フラットカラーって何?って?

そのまま、平らな襟のこと。

この絵だと、一番右の子の襟。

左は衿こしあるでしょ?衿こしっていうのは、衿の折り返り線から身頃までの部分の事で、簡単に言っちゃえば衿の高さのこと。

フラットカラーはこの衿腰が極めて低い衿のことよ。

ではパターン説明。

身頃のパターンができたら、身頃に衿の形を描いちゃいます。

あとは肩線合わせて、そのままトレースすれば良さそうなものなんだけど。。

こうしちゃうと上手くいかないのよね。

フラットとはいえ、多少の衿こし分があるから、こうやって衿作っちゃうと衿回りが浮いちゃう。

なので、衿回り分減らすために、肩先を少し(今回は2cm)重ねて

衿の形を綺麗に書き直します。

このままでもまぁ衿にはなるんだけど、きれいに落ち着かない。

衿の返り分があるので、襟ぐりを後ろ中心で0.5〜0.7cm上げ、

衿を身頃にフィットさせるために前中心で0.7〜1.0cm下げます。

赤い線が修正後の衿ぐり線。

緑の線は修正後の衿回り線。

それをトレース。

今回は実験的に重ね分ありとなしバージョン作ってみました。

これに縫い代を付けて裁断します。

始末の仕方は、見返し始末にする方法と、裏パイピングにする方法があるので、今回は裏パイピング始末で。

バイヤステープのパターンも作ります。

幅3cm。

ではミシン編に続く。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする