前立て色々・ミシン編

そんでねー。

前回のパターンを元に、今度は縫い方書きますね。

まず① 別裁ちの前立て(前身頃をはさむ方法)

パターン↓

生地カット(前立てには芯貼ります)

前立てアイロンします。

まず、表前立て側の縫い代(向かって左側)を1cm折ってアイロン

その後3cm(前立ての幅)で折ってアイロン

1.5cmの縫い代をかぶせてアイロン

そう。いつものアレです。

この向きで仕上がるので、

一旦開いて中表にし、

縫います。

そう。いつものアレ。

縫ったとこ

上から見た所

まずこっち側にステッチ↓ コバでも0.5cm幅でもどっちでも。デザインによります。

その後、かぶせた方をステッチ。

この間やったアレです。

できた所

んでもって次。

②前身頃の上にのせる前立て

パターン↓

生地をカット(前立てに芯貼ります)

アイロン

身頃にのっかる方だけ1cmで折ってアイロン

ここで注意。

中表ではなく、身頃の裏側に乗せてください。

1cmで縫う

縫ったところ

身頃の縫い代だけを折ってアイロン

身頃を少し控えるようにして仕上げアイロン。

できたとこ

縫います。

まず端の方から。ステッチ。

で、身頃側をステッチ。

縫えた所

裏側

では最後。

③裁ち出し前立て

パターン↓

生地をカット

見返し部分に芯貼ります。(生地によっては前立てになる所まで貼ってもいいです。生地の厚みによる。)

見返し幅(3cm)で折ってアイロン

更に前立て幅(3cm)で折ってアイロン

タックたたんでアイロン

こうたたんでます。

裏側

生地端がタックの中に入るから。

あとは、さっきと同様に縫えばおわり。

裏側

たたまってるところ。

タックの中に入っている生地端も縫わなくちゃいけないので、

コバステッチは向いてないかも。0.3とか0.5cm幅で縫ってね。

裁ち出しの方法はあんまりやったことないけど、チェックとか柄合わせしなくちゃいけない時とか有効かもね。

という訳で終了です。

でさ。

ここまで書いてから、ネットでちょっと検索してみたんだけどさ。

「前立て」「縫い方」で検索したら、

こういうやつの縫い方が説明されていたりして。。↓

これは「短冊あき」だから。

そもそもの質問が、この短冊あきの縫い方を知りたかったんだとしたら。。。

前回と今回の記事、全然回答になってないんだけどー。

まぁ、いっか。。

そしたらまた書きます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする