タックの色々・タックの中縫い

今日は、頂いたご質問の回答でーす。

質問:タックを中縫いするとは?

っていうか、洋裁初心者の方はそもそも「タック」ってなに?って人もいるよね。

タックとは、生地を折りたたんでヒダにしたもの。

シャツの袖口とかでよく見かけるやつ。

パンツのウエスト部分とか。「ワンタックパンツ」とかっていうでしょ?

パターン記号はこんなかんじ。

斜線があるけどこれは、斜線の高い方から低い方へ折る、って意味なの。

だからこの場合は左から右へ折るということ。

裁断する場合は、この線全部生地に写すと生地がよごれるので(面倒だし。。)

切り込み(ノッチ)いれます。

裁断  ちょっと色々書き込みあるけど気にしないで〜。

で、洋裁道具のノミをお持ちの方はそれで小さな切り込みをいれます。

なければハサミで

縫い代に収まる程度の小さい切り込みでね。

よく学生とかで、

「何か心配なんで。。」とか言って、がっつり縫い代分全部切り込み入れちゃってる子とかいるんだけど、出来上がった時穴空いちゃうんで。。涙

ちょっとでだいじょうぶ。

今回は説明しやすいように、シーチングにパターン記号全部書いちゃってるけど、ホントは切り込み入れたら印つけ終了よ。

これをこんな風に折って、

たたむ。

こんな風に合印を合わせてたたみます。

とまぁ、これがフツーのタック。

服作る時とかは、ここにベルト布ついたり、違う生地と縫い合わせたりするので、

タックがひらいてこないように粗ミシンかけておきます。

こんな。

こんなふうにふんわりさせたくない場合、途中まで「中縫い」することもあります。

パターンはこちら。

印のつけ方はさっきと同じなんだけど、たたむだけじゃなくて縫わなくちゃいけないから、

縫い止まり位置も印つけなくちゃね。

慣れてる人は目打ちで止まり位置を刺しておくだけでオッケー。

「いやいやいや、ムリムリムリ!」って人はチャコペーパーつかってください。

ラインはルレットで、

止まりは目打ちで。

これを中表に折ります。線と線を合わせるようにしてピンで固定。

ウエスト側から縫ってもいいけど、「あ〜〜!縫いすぎたっ!!」って事がないので

ワタシは止まりの方から縫います。

そしたらパターン記号の向きに折って

アイロン。

さっきの中縫いなしとの違い、わかる?

こっちの方がすっきり。

例えばこれがスカートになる場合、腰まわりをスッキリさせたい場合は中縫いすると

ピタッ&ふんわり、ってかんじ。

ちなみに。

タックって他にもいくつか形があって、

1;こんなパターンや

2;こんなのもある

それぞれこんな形になるよ。

1;

2;

色々あるのでお試しを〜。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. あおい より:

    yucaさま

    こんにちは!
    お忙しいのに、更新ありがとうございます!

    タックですが、中縫いありと無しで随分と雰囲気が変わりますね!参考になります。

    ところで、質問があります。
    スカートがきつくて、パターンの脇を出した場合、タックやダーツの位置も少し変える方が良いのですか?
    最近太ってしまったのです(ToT)
    よろしくお願い致します!

  2. yuca より:

    あおいさま
    そうですね〜〜。どの位ウエストを大きくするかにもよりますが、脇の線を修正した後、パターン上でダーツ(もしくはタック)位置が明らかに中心に寄っておかしいな、と思うようでしたらずらした方が良いですね。
    あくまで目安ですが、脇の線を1cm以上ずらすようでしたら、ダーツ位置もやや脇にずらした方が良いかと思います。

  3. あおい より:

    yucaさま

    ありがとうございます!
    そうですよね、それもトワルを組んで様子を見なきゃですよね!

    面倒がらずに、製図の後は必ずトワルですね!
    頑張りま~す!

  4. yuca より:

    あおいさま
    トワルを組んでみるほど感覚がつかめてくるので、そのうちパターン上だけでだんだんコツがつかめてくると思います!
    頑張って下さい〜〜!