短冊あきの縫い方

はい。

えーー、先日いただいたご質問。

「ブラウスの前あきの付け方を教えてください」

ってことで、

てっきり前立ての事かと思って記事書いたんだけど

その後画像が送られてきて、

短冊あきだった。。。

昨日のブログの最後でも書いたけど、予感が当たった。笑

この画像の短冊あきは止まりから下が長いけど、

まぁ、構造は昨日のイラストと一緒なの。

という訳で、今日は

「短冊あきの縫い方」です。

では早速、

「縫い方を知るには?」

そう。

「まずパターンから。」

ではまずパターンです。

前身頃↓

あき止まり位置を決め、

その下1cm〜1.5cmの所に切り込み止まり位置(今回は1cm下にしました)

で、短冊位置書き込み。

今回は出来上がりが3cm幅になるようにします。パターンは半身なので前中心から1.5cmの所に線引いてます。

短冊布の長さは普通はあき止まりから3cm下とかが一般的だけど

今回頂いた画像の短冊布が結構長かったので、少し長めにしました。

出来上がった時のステッチ位置↓

これを元に短冊布のパターンひきます。縫い代部分は全部1cmです。

向かって右側の丈が短い方。 下端の位置は切り込み止まり位置と同じ長さにしてください。

裁断&印つけ

あき止まりではなくて、切り込み止まり位置に印つけてください。

でね、短冊布の方なんだけど、パターンは左右同じパターンでできるので1枚でいいんだけど、、。

こんな風に↓

いつもの調子で外表とか中表で裁断しちゃうと、

左右対称で向き間違っちゃうから。(←間違えた)

こちらが正解↓

なので、裁断する時はこんな風に表&表で裁断してください。

絶対間違えたくない人は、左右同じだけど左右のパターン作れば間違いないです。

今日は説明しやすいように、左右のパターン作って生地の色も変えたから。

更に、この後のアイロン用に、かぶせアイロンする側を書いておくといいよ。

ではまずアイロンです。

そう、いつものアレ。

1mmずらす↓

左短冊も同様に、

1mmずらす↓

できたところ。

短冊の下端は左右とも折ってアイロン、

なんだけど、今回は左短冊(下側になる方)はロック始末にしました。

はい。ではいよいよ本縫いです。

まず身頃。前中心のノッチから、

切り込み止まりの印まで、捨てミシンかけます。

短冊布登場。

まず出来上がりの向きに乗せてみて、

開いて縫います。

で、この短冊布を置く位置なんだけどね、出来上がりの折り目の幅が短冊布の幅になるように置くので、

短冊布の幅によって、隙間の幅が変わるから。ご注意。

今日は0.5cmあけてます。

縫いますね。

これもまた、折り目より少し生地端側の、いつものアレです。

ここまで縫って↓

左短冊も縫います。

ここまで↓

そしたら捨てミシンの所切って

右身頃(青い方)よけて、左短冊縫います。

返して、

出来上がりに整えて、

生地端の方にステッチ。

その後身頃側ステッチ

両サイド縫ったとこ

次、右短冊布。

同様に返して、

出来上がりに整えて、

途中までステッチ(返し縫いなし)

身頃側もステッチ(返し縫いなし)

ここまでの様子

では仕上げ。

このように出来上がりに整えて、ピンで留めます。

赤ピン→あき止まり位置

白ピン→切り込み止まり位置

全部通して最後ステッチかけるんだけど、最初、縫い目に少し重ねて縫い始めてね。

ぐるっと続けて縫ってきたら、最後はヤスリ定規代わりにするといいよ。

完成

めくったところ

裏側

めくったところ

つーわけで終了です。

おつかれっしたー。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 松本一美 より:

    こんなに大変な作業を
    私の拙い文章力から
    取り上げて頂き本当に
    感謝しかありません。
    何度も練習して先生の
    ように綺麗に縫えるように
    したいと思います。
    ありがとうございました。

  2. yuca より:

    松本一美さま
    こんばんは!コメントありがとうございます❣️
    そう言って頂けるととても励みになります☺️
    今後の参考にして頂けると嬉しいです。
    これからもどうぞ宜しくお願い致します!