Vネックのパイピングの縫い方

今日は、

「Vネックのパイピングの縫い方。」

ずっと前にパイピングの記事書いた事あったけど

その時とちょっと方法変わってるかも?

ベルト付けとかカフス付け、衿付けとかもそうだけど、

何かを「被せて縫う」って時は出来上がり重視の為、生地の裏側に縫い付けてから表側に被せてコバステッチ、という方法で縫う事が多かった。

がしかし、最近は専ら「表に縫い付けてから裏側に被せ、表を見ながらコバステッチ」

という方法で縫う事多し。

準備の段階のアイロンがポイントだったりする。

以前出版したパンツの本にも書いたけど、裏側になる方の縫い代を少し少なめに折っておけば(被せのアイロンをしておけば)何て事なく縫えるんだよね。

今回はパイピングの話なので、被せのアイロンではないんだけど、

裏側と表側で少し差を出しておくのは一緒。

画像の方が分かりやすいと思うので、画像どうぞ。

まず今回の身頃さん。↓

Vネックのパイピングなので後ろ身頃も準備しました。

パイピング用の生地。バイアスでカット。

ただねーー、よっぽどのこだわりがないのなら、パイピングテープは既製品買った方がぜっっっったい楽!

今はサテンとかデシンとか光沢があるものとか、ニットとか、素材もカラバリも豊富だからさー。

まぁどうしても「この生地でパイピングしたいんです!!だから自分でパイピングテープ作ります!!」って人は、まぁ、止めないけど。

でもそういう人はせめてこのテープメーカ?みたいな道具使ってね。

生地を通して、

引っ張ると折られた状態で出てくるから、すかさずアイロン。

更に2つに折って、4つ折りにしておきます。

この時、少しずらして差を付けて仕上げておく事が今回最大のポイントです。

身頃は肩を縫ったりファスナー付けたりしておいてください。

今回はファスナー省略してます。

ではいよいよパイピング。

の、前にちょっと準備。

Vネックのところ。

粉チャコなど消えるもので出来上がりの位置を印します。

点をうってもいいけど。。

ここに切り込み入れますね。

ちょっと順番が変わっちゃってて下の画像に切り込み入ってないけど無視してー。↓

一旦出来上がりを想定してテープを置き、

ひっくり返して

折り目をひらき、縫うところを確認。

端から縫います。

コツは、折り目よりも少し外側(生地端側)を縫うこと。

インカーブは少し伸ばし気味で。

来ました。Vネック。

線が交差している所まで縫います。

テープをめくって位置確認。

印まで縫ったら一旦ミシンを止めて

押さえをあげて、

エイっと。Vをひらく。

パイピングテープがまっすぐになるように。

身頃がつらないように、左手で生地ピッと持ち上げるっていうか引き上げるといいよ。

あとはそのまま同様に。

縫ったとこ。

Vのところ。

身頃を前中心で中表に折り、パイピングテープの端を合わせます。

これを、

こう。

そしたらテープを中縫い。

赤い点線の所を縫います。

ヤスリを定規代わりにしてもよし。

縫ったとこ。

切り込み入れます。

表側。

裏側。切り込みで縫い代の倒す向きを変えると生地の厚みが軽減されます。

出来上がりに形を整え、

ピンで留めるなどして、コバステッチで仕上げます。

テープの端っこは、

③、って折ると、このようにちょっとはみ出ません?

これはイマイチな仕上がりになるので、

戻って①

②までは同様。 このあと③に行く時に、

③中に入れ込んでください。

コバステッチで仕上げます。

ねじれてシワが寄ります!という人は、紙やすりはさんでみてー。

できた。

裏側。

ちょっと曲がってる所もあるけどまぁ、許容範囲ということで。。

パイピングのコツは、

①テープを作る時のアイロン(幅を1ミリずらす)

②身頃の表側に縫い付ける時、折り目よりも少し外側を縫う。

③ねじれ防止には紙やすり(もしくはPPバンドなど)をはさんで縫う。

でーす。

そんなに難しくないので、小物とかでも取り入れてみてくださいませー。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. ミナト より:

    とても参考になりました!!
    写真が細かく、丁寧でほんとうに分かりやすい、ありがとうございました!!

  2. yuca より:

    ミナトさま
    こんにちは。コメントありがとうございます❣️
    そう言って頂けてとっても嬉しいです!
    なかなか頻繁に更新さできないのですが、これからも宜しくお願い致します❣️