ベルト布までコンシールファスナーを付ける縫い方

今回も頂いたご質問の回答です。

8月初めにご質問頂いてから1ヶ月以上経ってしまいました。

お待たせしてすみません。

「ベルト布までコンシールファスナーを付ける縫い方をおしえてください」

こういうやつ↓

あー、既製品とかでよくあるよね。

スカート本に載せようかと思ってたんだけど、辞めちゃった。

ページ数足りなくて。。

ではスタートです。

まずはファスナー止まり以下を縫って、アイロンで割る。

身頃の表側にベルト布を縫い付ける。

このままファスナー付けに行ってもいいけど、ちょっと肉厚の生地の場合はこのように切り込みいれて、

一部縫い代を割っておくと良い。

こんなふう。↓

そしたらファスナー付け。

上の止まり位置は、ベルトの端よりも5ミリ位控えるといいよ。

モコモコになっちゃうから。

で、帯端は切らずに折ると良い。

このように三角に折って、

更に折る。

あ、この折り方、詳しくはスカート本のP58に載ってます。(何気に宣伝)

あとはフツーにファスナー付け。

詳しくは過去記事読んでください。

このあとコンシール押さえに変えて本縫いします。

できたとこ↓

裏側

そしたらねー、ベルト端のところを中縫い。

このように中表になるように折って、

表ベルト側をちょっとずらすのがコツ。

縫い代1.5cmあるけど、それだと縫えないから1.2~1.3とか。

本当は縫い方で裏側だけちょっと控えたりするんだけど。。

ベルトの上端が「わ」の場合は面倒なので、これでよしとする。

で、縫い代が厚くなるようだったら角カットしてね。

裏側。 糸ぐちゃぐちゃ!とか言わない!

表に返します。

裏側

あとは落としミシンして、

出来上がりです。

裏側

閉じたとこ。

上の止まり位置をもう少し下げて、上端にスプリングホックとか付けてもよし。

というわけで、ベルト布の上までファスナーを縫い付ける方法、でした!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする